CAMPFIRE MAGAZINE

挑戦者の声なき声を、小さな火を灯しつづけるCAMPFIREのオウンドメディア

国産の杉・ヒノキで作られた『KIKIKI』のDIYスツールを組み立ててみよう!

2014年11月28日

News

続きを読む
国産の杉・ヒノキで作られた『KIKIKI』のDIYスツールを組み立ててみよう!

国産の杉・ヒノキで作ることを前提にデザインされた家具のプロジェクト『KIKIKI』のリターンが届きました!

今回支援したのは、自分でパーツを組み立てて完成させる「DIYのスツール製作キット」です。

森林の手入れのために間伐された木材や捨てられてしまう端材も材料として使用されている、とってもエコなプロダクト。

キットと金槌を用意すれば準備完了です。それでは早速組み立てていきましょう!

組み立て開始!

kikiki_kumitate3

▲まず、脚になるパーツから組み立てます

kikiki_kumitate4

▲次は座面部分を繋ぎます。ボルトはシックな黒色。ヒノキの白い木材に映えます

kikiki_kumitate5

▲シリアルナンバーの焼き印は今回のプロジェクト限定!

kikiki_kumitate6

▲穴が空いてる位置に打つだけなので楽チン。金色の釘がかっこいい!

kikiki_kumitate7

▲座面用木材の端は加工済み。裏表に注意してくださいね

kikiki_kumitate8

▲付属されていた薄い板を挟んで、板と板の間隔を調節していきます

kikiki_kumitate9

▲隙間が等間隔になるので、上から見るとキレイに仕上がっていくのが分かります

DIYスツール完成!

2人で製作した所要時間は約30分! 1人で組み立てても、1時間は掛からないと思います。

強い力が必要な作業もないですし、何より組み立てが分かりやすく、簡単でした。小さいお子さんも一緒にDIYが楽しめそうです。

kikiki_kumitate10

kikiki_umisan

▲座るとこんな感じ。公園に持ってお出かけしてもGOOD!

6,400円のリターンだった「ダストボックス」も届きました! スツールと同じヒノキの良い香りに癒やされますが、ダストボックスとして使用するのが何だか贅沢に感じます。

このように並べてみると、他のチェアやデスクも揃えたくなりますね。

プロジェクトで製作されたプロダクトは、現在『KIKIKI』公式販売サイトにて販売しています。この時期ですと、クリスマスプレゼントにもオススメです。どの世代の方に贈っても喜ばれそうな一品!

国産材製品を暮らしに取り入れる「木づかい」

また、増上寺で行われた「木で、未来をつくろう2014」シンポジウムに『KIKIKI』が出展すると聞きつけ、お邪魔してきました!

「木で、未来をつくろう2014」シンポジウムは、木材の未来を考えるイベント。

建築家・ 坂 茂さんによる、トークセッションやパネルディスカッションが行われました。再生可能な資源である木材を使用した建築物が、今ヨーロッパを中心に見直されていることや日本の建築、プロダクトの「木づかい」の事例などが紹介されていました。

国産材の製品を暮らしに取り入れるエコ活動「木づかい」は、今後増々注目したいキーワードになりそうです。

kikiki_symposium1

▲『KIKIKI』のスツールとチェア

会場内には木の心地良い香りが充満し、『KIKIKI』のプロダクトと同様に、国産の木材で製作されたプロダクトが多く展示されていました。

また、会場でお会いした『KIKIKI』代表の軍司さんとプロダクトデザイナーの北村さんに「木づかい」について感じていることを伺いました。

木材の産地は全国に広がっています。

プロダクトになるもの以外にも、国産の木材は建材や内装材など多様に使用されていますが、まだまだ一般の方には、その存在や魅力が十分に伝わっていないと思います。

KIKIKIは「デザインをシェアする」をコンセプトとし、全国どの産地でも生産しやすいように設計されています。

現在は高知県四万十産ヒノキだけを使用していますが、将来的には皆さんがお住まいの地域や出身地の木をラインナップできるようにし、国産の木材をより身近に、より魅力的に感じて頂けるようにしたいと考えています。

みなさんも『KIKIKI』をきっかけに、エコ活動「木づかい」を取り入れてみてはいかがでしょうか?

「日本の木」からつくられた家具 KIKIKI を「日本の色」で塗ってみよう!

kikiki_workshop

最後に、今回ご紹介したスツールを使用したワークショップが、12月6日(土)、7日(日)の二日間に渡って開催されます! 

1日目は自然にやさしい塗料でスツールを塗装し、2日目は組み立てを行います。

KIKIKIのおふたりは「年齢を問わず、みなさんでわいわい楽しんでいただけるイベントになっていますので、ぜひ参加してください」とコメント。

このイベントで使用する上品な「日本の伝統色」は、一般的に自然塗料は暗い色が多い中、少し珍しい明るい色の自然塗料を選んでいるそうですよ!

ぜひ特別な思い出になる、スツール作りにチャレンジしてみてくださいね。

その他の『KIKIKI』最新情報は、活動報告Facebookからチェック!

【Weekend Workshop #01】

開催日:2014年12月6日(土)塗装+7(日)組み立ての2日間

・1日目
(A・5組)13:00〜 塗料の話、13:15〜15:15 塗装
(B・5組)15:30〜 塗料の話、15:45〜17:45 塗装

・2日目
10:00〜 森の話、10:30〜11:30 組み立て

会場:オスモ&エーデル株式会社 東京ショールーム
住所:東京都新宿区西新宿 1-20-2 ホウライビル 11F
募集人員:先着 10 組 (会場の都合上1組2名まで。お子様との参加をご検討されている方はご相談ください)
参加費:税込価格 ¥14,500
申込方法:氏名、年齢、住所、電話番号、1 日目の希望組 (AorB) を明記の上、件名を「KIKIKI ワークショップ」とし、下記までメールでお申し込みください。
info@kikiki.co.jp

主催:KIKIKI
協賛:オスモ&エーデル株式会社

【変更のお知らせ】

2日間続けて来られないという方からの問い合わせを頂きましたので、2日目の7(日)のみの参加にも対応させて頂くことに致しました。

その場合、無塗装or塗装品か選定頂くことになりますので、塗装品希望の方は色の選定をお願い致します。

「黄色」「珊瑚色」「氷河色」「小石色」の4色です。

また、内容変更に伴い申し込み期限を延長致しました!

当初本日28(金)までにしておりましたが、12/4(木)18:00までとさせて頂きます。奮ってご参加ください!

【販売情報】

KIKIKI 公式販売サイト:http://kikiki.theshop.jp/