CAMPFIRE MAGAZINE

挑戦者の声なき声を、小さな火を灯しつづけるCAMPFIREのオウンドメディア

日本最大級のストリートアート・イベント『#BCTION』!リターンが届きました

2015年9月29日

News

続きを読む
日本最大級のストリートアート・イベント『#BCTION』!リターンが届きました

日本最大級のストリートアート・イベント「#BCTION」。解体予定のビル9フロアすべてを美術館として再利用し、「都市のデッドスペースに新たな価値を与えること」を目的として、2014年初秋に開催されました。

3000平方メートルあるビルの床はもちろんのこと、柱や天井まで空間すべてがキャンバス。80組以上のアーティストが、ここで思い思いのアートを表現しました。instagramTwitterでも話題となり、来場者は17日間で1万5千人超え。

惜しまれつつも終了した#BCTIONの模様を『アートマガジンや全天球動画で世界へ発信し、次の「#BCTION」に繋げよう』というプロジェクトがCAMPFIREで実施され、見事サクセス。こちらのリターンをご紹介します。

今回届いたリターンは、次の4つ。

  • #BCTIONオリジナルステッカー2枚セット
  • #BCTIONオリジナルA2ポスター(主宰者2人のサイン入り)
  • #BCTION公式アートマガジン(120ページ、主宰者2人のサイン入り/クレジットにはパトロンのお名前を掲載)
  • #BCTIONオリジナルハコスコ(ステンシルアート使用/サイン、シリアルナンバー入り)
#BCTION_3

▲(左上から時計回りに)#BCTION公式アートマガジン、#BCTIONオリジナルポストカード、#BCTIONオリジナルステッカー

また、#BCTIONオフィシャルサイト・アートマガジン・ドキュメンタリー映像の3点の巻末ページやエンドロールにも、パトロンのお名前を掲載。

アートイベントだけあり、リターンはどれもおしゃれ。

日程が合わず足を運べなかった人、もう一度#BCTIONの展示を観たい人、そのどちらも追体験ができるハコスコとアートブックは特にファン必見です!順にご紹介します。

#BCTIONオリジナルステッカー&#BCTIONオリジナルポストカード

#BCTION_8

▲ステッカーは白と黒の2色。ポストカードは特別特典として3枚付属

「#BCTION」という文字が描かれたシンプルなステッカーは、白と黒の2色が2枚ずつの、計4枚付いています。こちらはポストカードの半分くらいの大きさなので、パソコンに貼るのもおすすめ。

そして、リターンではありませんが、特別特典としてポストカードが届きました。クールな東京の風景写真の3枚セットです。

#BCTIONオリジナルA2ポスター

#BCTION_9

▲#BCTIONオリジナルA2ポスターには、主宰者のMON&JOJIのサイン入り

#BCTIONが行われた「ニュー麹町ビル」から眺めた東京の風景を写したA2サイズのポスター。撮影は、嶋本丈士 a.k.a. JOJI。 モノクロームで、部屋に飾りやすいデザインです。主宰のMONとJOJIのサインが銀色のペンでダイナミックに描かれています。

#BCTION公式アートマガジン

#BCTION_10

▲表紙はこちら。全120ページのため、重量感があります

アートブックには、写真を贅沢に使用。取り壊しが決まっているビルならではの、有限のアートが収められています。また、茶人、弁護士、ミュージシャンなど様々な目線から見た#BCTIONも対談形式で掲載。

『#BCTIONの魅力を世界へ発信し、次の「#BCTION」に繋げる』ことを目標にしているため、文章はすべて日本語に英語が併記されています。

#BCTION_13

▲1ページ目には主宰の2人のサイン。ポスターの銀色に対し、こちらは金色のペンで描かれています

#BCTION_14

▲実際の会場には存在しなかった10 階が、アートブックには収められています

#BCTIONの会場である「ニュー麹町ビル」は、地上9階立て。しかし、アートマガジンには「#BCTION #10F」というページが存在します。こちらは、アート・ユニット「exonemo」がインターネット上に開設した参加型アートの名称です。

「BCTIONの10階はインターネットだ」という妄想にもとづいて、特設Webサイトそのものを作品として出展し、展覧会自体をインターネットで拡張しようとする試み。こちらは、誰でも手軽にスマートフォンやパソコンから投稿することができました。

Webサイトには「※ BCTION 1F〜9Fは9/15をもって終了しました。しかし、今後ビルが壊されようと、ここ10Fは残り続けます。」の文字。#BCTIONが新たな試みの多いイベントであったことを、こんなところにも感じます。

#BCTION_17

▲4階の様子。こちらは階全体がモノクロームで統一され、フロアの中央の畳の作品上では茶湯が行われていました

#BCTIONオリジナルハコスコ

手軽にVR(バーチャルリアリティ)体験ができる「ハコスコ」。ダンボールを組み立てスマートホンをセットしVR動画を再生すれば、そこはもう別世界です。もちろん、こちらは#BCTIONオリジナルデザイン。

#BCTION_18

▲届いたのは、板状のダンボールが3枚

#BCTION_19

▲ハサミいらずで、簡単に4つのパーツに分けることができます

#BCTION_20

▲印刷面を外側にして、すべてのパーツに折り目を付けます

#BCTION_21

▲筒状に巻くように組み立てれば、あっという間に完成!さっそくiPhoneを入れてみます

ハコスコアプリをあなたのスマートフォンにダウンロードし、#BCTION[ALL FLOOR]を再生すれば、そこはもう#BCTIONの会場。今後は各フロアの360°パノラマ動画も公開予定なので、楽しみ方が広がりそうです。

#BCTION_24

▲装着時の様子。ハコスコをのぞき込むと、映像の中でものぞき込んで見えます

「VR体験ってどんなもの?」と気になったあなたは、こちらへアクセス!スマホで再生すると、手軽にVR体験ができます(最新版のyoutubeアプリをご利用ください)。

#BCTIONのこれから

紙媒体特有の楽しさはアートマガジンで、よりリアルな追体験はハコスコで。ポスターやステッカー、ポストカードも、あなたの生活にそっとアートをプラスしてくれます。また、#BCTIONオフィシャルサイトでは、各階の様子を動画で公開しています。こちらもあわせてお楽しみください。

BCTIONとは、一つのアクション「A」が次のアクション「B」を促し、次々と新しいアクションが連鎖して、クリエイティブが膨らんでいく様子を意味する造語です。#BCTIONをきっかけにして、日本のアートカルチャーがどんどんと連鎖していきますように。

【#BCTION Art Magazine】

価格:¥1,500(税抜)
※ご購入はAmazonよりお買い求めください。

(Last Update:2016年9月13日)