CAMPFIRE MAGAZINE

挑戦者の声なき声を、小さな火を灯しつづけるCAMPFIREのオウンドメディア

「アイドル×リアル脱出ゲーム」が送る、“世界初”のゲームで遊ぼう!

October 22, 2015

News

続きを読む
「アイドル×リアル脱出ゲーム」が送る、“世界初”のゲームで遊ぼう!

アイドル戦国時代と言われて久しい昨今。その中で異彩を放つ『ラストクエスチョン』というアイドルがいます。

lasque_1

▲ラストクエスチョン

「参加型」と言われるライブでお客さんを待ち受けるのは、なんと「謎」。これを解かないとライブは始まりません。

さらに、ライブによっては運動会のような玉入れが行われ、観客の行動がリアルタイムに反映されるデジタル演出も。従来の「観る・聴く」という受け身のライブとは一線を画すステージを作る4人組の女の子です。

ラストクエスチョンは、メンバーそれぞれがRPGの役職を担当しています。

  • 桃井美鈴さん(みっすー):)当ポジションは「勇者」。
  • 浅川琴音さん(こっちゃん):)当ポジションは「戦士」。
  • 南杏果さん(きょーちゃん):)当ポジションは「踊り子」。
  • 安藤ひかるさん(ぽてこ):)当ポジションは「僧侶」。

ラストクエスチョン(以下、ラスクエ)は、「リアル脱出ゲーム」を生んだ株式会社SCRAPがプロデュース。人生で一度はゲームやマンガの主人公になってみたかったすべての人に贈る、一緒にまだ見ぬ物語を作っていけるアイドルです。

そんな彼女たちが新たに紡ごうとしているのは、『リアルにRPG体験が出来るボードゲームCD制作』という物語。

▲10月22日11:00時点のプロジェクトページ

こちらのプロジェクトには、すでに140人以上のパトロンが集まり、サクセス。しかし、「支援してくださった皆様ありがとうございます。でも、僕たちの物語はまだ終わりじゃない」とラスクエメンバーは語ります。支援募集終了は、2015年10月30日(金)23時59分ともうすぐ。

アイドル?RPG?ボードゲーム?CD?……つまり、どういうこと?

そんなハテナを解決するため、「リアルにRPG体験が出来るボードゲームCD」(以下、ボードゲームCD)制作チームに突撃しました。

“世界初”の「ボードゲームCD」で遊ぼう

「ボードゲーム」とは、電源を必要としないアナログゲームのこと。チェスやトランプもこちらの一種ですが、近年では大規模な販売会が行われるほど人気が高まっています。しかし、『ボードゲームCD』の制作は世界初。

制作チームと一緒に、さっそく遊んでみましょう。今回ゲームに参加するメンバーはこちら。

浅川琴音さん)ラストクエスチョンでは、「戦士」ポジションを担当。アイドル活動と共に漫才コンビ『大吟嬢』としても活躍する元気っ子。愛称は「こっちゃん」。

吉村さおりさん)SCRAPディレクター兼ラストクエスチョン・プロデューサー。『片想いからの脱出』『暗殺教室からの脱出』『僕と勇者の最後の7日間』などを制作。最新作は、クイズRPG「魔法使いと黒猫のウィズ」とコラボレーションした『リアルクイズRPG 伝説の魔道士は誰だ!?』。

堺谷光さん)「キミ、謎が解けすぎるから作る側にならない?」とスカウトされ、SCRAPに入社。『伝説のポケモンが襲来!?サンシャインシティを救え』『地下謎への招待状2015』など、手掛けた謎・パズルは数知れず。ボードゲームの話になると目の色が変わる。

ここにCAMPFIREのスタッフが1人加わり、計4人で戦います。

ルール説明は、ボードゲームCDの制作を担当した、SCRAPの足立結香さんにお願いしました。

lasque_11

▲左から順に、堺谷さん、こっちゃん、吉村さん、足立さん。(※ゲームの内容は実物を見てからのお楽しみ!)

ボードゲームCDは、2〜4人で遊べ、プレイ時間は約30分。プレイヤーは各自RPGの役職を担当します。

今回、私たちが担当した役職はこちら。

盤面には、岩場や森・湖が広がり、宝箱を開けモンスターと戦います。また、リアル脱出ゲーム「僕と勇者の最後の7日間」(以下、ボクナナ)とシンクロしたストーリーです。「1位になると、新曲のセンターの座が手に入る」という夢の実現のために、いざ、勝負!

(この勝負の結果は、また後ほど)

世界初の「ボードゲームCD」の魅力とは

ボードゲームCDならではの魅力を6つご紹介します。

【1】ラストクエスチョンのメンバーになって冒険ができる!)ラスクエのメンバーはRPGの役職を持つアイドル。ボードゲームCDでは、推しメンの役職になることができます。

【2】「ルールブックを読むのが苦手」なアナタも大丈夫!)「サイコロの出目に『21』を足した数字のCDトラックを聴け」という指示に従いCDを再生すると、声が冒険をエスコートしてくれます。「ルールブックを読むのが苦手」という方でも遊びやすい!

lasque_16

▲堺谷さんが強運で集めたコインを、こっちゃんが奪う場面も

【3】ゲームのエスコートは、ラスクエメンバーの「声」)勝利へ導くのは、CDから聞こえるラスクエの声。ファンにはたまりません。
※音が出せない場所でも遊べるように、別途ルールブックもご用意があります。

【4】プレイするたびに盤面が変わる!)「アクション」のマス目は好きな場所に配置可能。つまり、プレイする度に盤面が変わります。毎回新しい冒険が楽しめる!

lasque_17

▲SCRAP代表の加藤隆生さんも「おもしろいよ!」とコメント

【5】大逆転できる!)他のメンバーが頑張って集めたコインを横取りするのも、ゲームの世界ならOK!

【6】豪華新曲2曲付き)ボードゲームCDは、ラスクエのダブルA面シングルでもあります。BiSや中川翔子さんの楽曲も手がけた松隈ケンタさん、ゆーきゃんさん×あらかじめ決められた恋人たちへさんといった豪華アーティストによる新曲2曲と共にゲームが楽しめます。

lasque_18

▲「お気に入りの新曲ができました」と話しながらサイコロを振る、こっちゃんと吉村さん

【7】リアル脱出ゲーム「僕と勇者の最後の7日間」の世界とリンクしている)ボクナナと世界観がリンクしており、テーマソングも収録。

lasque_19

▲リアル脱出ゲーム「僕と勇者の最後の7日間」は、道玄坂ヒミツキチラボにて開催中

時にはコインを奪い合い、時にはメンバーに助けられながらコマを進めると、「9番のトラックを再生せよ」という指示が。ゲーム終了を知らせる声が流れ、一つの冒険が幕を閉じました。

lasque_20

▲大逆転で勝利を収めたこっちゃん!

今回の1位はこっちゃん!途中までファインプレーを連発していた堺谷さんが、まさかの失墜。ルールは簡単ですが、最後の最後までハラハラしました。「ボードゲームとCDってこんなにも相性がいいのに、どうして今まで組み合わせなかったんだろう」と感じる、あっという間の30分です。

続いて、ボードゲームCDに込めた想いをお一人ずつ聞いていきます。

堺谷・足立「今までにない新しいゲームができました」

ボードゲームCDの制作を担当した足立結香さんと堺谷光さんにお話を聞きます。

ーどのようにボードゲームCDを制作したのですか?)堺谷)メインのルールは足立さんが考案しました。そして、僕がルールに関するアドバイスをして制作を進めました。

lasque_21

▲「僕はルールを練るのが得意なので、ツッコミ役を担当しました」と話す堺谷光さん

ーCDを聴きながらゲームを進めるシステムがとても楽しかったです。

足立)目指したのはボードゲームが初めての人・好きな人、そのどちらにも楽しんでもらえる作品です。「みっすーが貧乳で悩んでいて、それを言うとキレる」「夜は病んだツイートをする」といったことをラスクエのマネージャー抹さんに聞き、そこからアイディアを固めました。

lasque_22

▲「ボードゲーム初心者でも面白いゲームを作って」と依頼されたという足立さん

ーボードゲームが大好きという堺谷さんですが、「ボードゲームCD」を初めてプレイした時の感想はいかがでしたか?

堺谷)今までにない新しいゲームだと思います。ルール説明が難しいというボードゲームの欠点が見事に解消されています。

足立)ボードゲームCDをきっかけにして、リアル脱出ゲームやボードゲームのイベントに来てもらえたら嬉しいです。もちろん、遊びながらラスクエのことも思い出してくださいね。

こっちゃん「Twitterの140文字じゃ伝えられないことを、MVで届けたい」

ラスクエを代表して参戦した、こっちゃん。CAMPFIREのプロジェクトページを「祈るような気持ちで見ています」と語りました。

ーボードゲームの世界に登場した気分はいかがですか。

こっちゃん)ボードゲームになったアイドルは世界初だと思います。めちゃめちゃ嬉しい!あと、これってボードゲームとCDが2つ揃って初めて遊べるんです。「まさにボードゲームCDだ。すごい!」と思いました。

lasque_23

▲ボードゲームCDを、「耳でも目でも体全体でも楽しめるゲームですね」と話す、こっちゃん

ーこっちゃんは今回のプロジェクトをどんな気持ちで見守っていますか?

こっちゃん)ボクらのことを応援してくれている方の支援はもちろん嬉しいです。でも、今回はボクらのことを知らなかった人とも繋がるチャンスなんですよね。

サクセスしたことももちろんですが、140人もの方がパトロンさんになってくれたことが嬉しい。そんなにも多くの方が応援してくれているんだなって。

lasque_24

▲パトロンの人数が100人を超えた時が「特に嬉しかった」

ープロジェクトはサクセスしましたが、180万円を達成すると「豪華版ボードゲームを数量限定で一般販売」&「ラストクエスチョンのスペシャルMV制作」というストレッチゴールが用意されています。

こっちゃん)面白いゲームが完成したので、もっとたくさんの人にプレイしてもらいたいし、ラスクエのことももっと知ってもらいたい。まだまだ駆け出しのボクらはテレビに出ることができないので、絶対に180万円を達成してMVを作りたいです。

リアルの良さは、実際にそこに居ることや成長することだと思います。だから、動いてるボクたちを愛して欲しい、心が動いて欲しい。ボードゲームからボクたちを好きになるのも、MVを見てボクたちを好きになるのも、どちらも嬉しいです。Twitterの140文字じゃ伝えられないことをMVで届けたい。

吉村さおり「CDが売れない時代に、わざわざ買いたくなるCDを作りました」

ラストクエスチョンのプロデューサーであり、数々のリアル脱出ゲームを生み出している吉村さおりさん。ボードゲームCDに込めた想いとは。

ーボードゲームCDを作ることにしたのはなぜですか?

吉村)他にはない、「お客さんもパーティの一員になれる」というCDを作りたいと思いました。今は「CDが売れない時代」と言われ、ダウンロードで音楽を買う方も多いと思います。

そんな時に、「わざわざ買いたくなるCD」としてボードゲームCDを考えました。そして、ボードゲームをあまり知らない方にも手に取ってもらえるチャンスだと思います。

lasque_25

▲ボードゲームCDのミッションに挑戦する吉村さん。内容は、ボードゲームCDでご確認ください

ーボードゲームCDが目指したことは何ですか?

吉村 )スクエの世界観を体験してもらえて手に取ってもらえる、そんなCDを作りました。ラスクエの音楽を聞きながら、みんなでワイワイ楽しんでもらいたいです。

私もアイドルが好きなので、自分の好きなアイドルのCDを友達に配るシーンをよく目にするのですが、たくさんあるとなかなか聞くまでに至らないんですよね。ボードゲームCDは、もし「あの子にもラスクエを好きになって欲しい」と思ってくれた人がいた時に、「みんなで遊ぼう」と言えたら面白いかなって。

音楽もゲームも謎解きも、全部含めてラストクエスチョンなので、その世界にどっぷり浸かれるアイテムにしました。

ークラウドファンディングを実行したのはなぜですか?

吉村 )スクエは2016年1月13日(水)に渋谷CLUB QUATTROでワンマンライブを行います。このライブを成功させるためには、CAMPFIREを通じて、自分達の力だけでは情報を届けられないより多くの方と出会うことが必要だと思いました。

「支援が集まらなくても作るんでしょ?」と思われていたかもしれませんが、ボードゲームを作るのは簡単ではないので、サクセスしなかったら私のアイディアはただの夢で終わっていました。ご支援くださったパトロンの皆様には心から感謝しています。

lasque_26

▲「ボードゲームCDは、ラスクエならではのCDだと思います」と話す吉村さん

ー支援募集終了日までに目標としていることはありますか?

吉村 )音楽は聞くけれどボードゲームはやったことがない」「ボードゲームは好きだけれど、アイドルはあまり…」というどちらの方にも楽しんでもらえるものを作りました。引き続き、ご支援よろしくお願いします。

lasque_27

ご支援金額が150万円を達成したことを記念して、「ボードゲームCDリリース記念ミニパーティー」を2015年12月16日(水)に開催することが決定しました。

「謎」のアイドル・ラストクエスチョンと、リアル脱出ゲームのSCRAPクリエイター陣による『リアルにRPG体験が出来るボードゲームCD制作プロジェクト』の支援募集終了は、2015年10月30日(金)23時59分。

ラスクエはまだ、冒険のパーティを募集しています。彼女たちを応援して、世界初のボードゲームCDを手に入れてください。

【150万円達成記念・ボードゲームCDリリース記念ミニパーティー】

日程:2015年12月16日(水)
会場:代官山LOOP
住所:東京都渋谷区鉢山町13-12 B1F
出演:ラストクエスチョン、謎制作者
ボードゲームCDの制作陣がラストクエスチョンに謎を仕掛けます!

※1万円以上ご支援いただいた方をご招待いたします。
※1万円以上ご支援いただいた方のご招待人数確認後、その他のパトロン様にも優先的に入場していただけるようご案内します。
※パトロン様全員のお席を先に確保させていただき、その後一般の方へご案内をします。

【ラストクエスチョン『リアルにRPG体験が出来るボードゲームCD』(仮)】

  1. ラストクエスチョン(作曲:松隈ケンタ / 作詞:吉村さおり)
  2. 昔ラジオで聴いた(作詞作曲:ゆーきゃん / 編曲:池永正二fromあらかじめ決められた恋人たちへ)