CAMPFIRE MAGAZINE

挑戦者の声なき声を、小さな火を灯しつづけるCAMPFIREのオウンドメディア

若きリーダーたちが “熱く語り合う場” として『第2回ソーシャルドリームコンテスト』を開催したい!

March 23, 2016

News

続きを読む
若きリーダーたちが “熱く語り合う場” として『第2回ソーシャルドリームコンテスト』を開催したい!

夢を持っているけれど、叶うことに不安を感じている人がいる。

夢へのステップを平等に踏むことのできない世界と比べて、日本は比較的 “夢”を安心して夢だといえる機会にあふれた環境です。この挑戦は、「もっと明るい国際協力」「夢」「日本の問題にも目を向ける」ことを目標とした国際プロジェクトです。

その名も「第2回ソーシャルドリームコンテスト」!次世代の社会を担う、6人のソーシャルドリーマーに登壇機会を提供し、若きリーダーたちが集い熱く語り合う場として発足されました◎

「第2回ソーシャルドリームコンテスト」

今回のプロジェクトの企画者である、下里夢美(しもさと ゆめみ)さんは、約2年前に非営利の国際協力団体「アラジ」という団体をご友人と立ち上げました。

下里夢美さんはアラジを通して、アフリカの支援を目指していたそうなのですが、自分たちの良かれと思っている活動が貧困国といわれる国の自立や成長を大きく妨げていることに気づいたそうです。

gazou.2

▲ 下里 夢美さん

そしてアフリカのイメージといえば、

  • 「貧困」
  • 「遅れている」
  • 「かわいそう」

というマイナスイメージをもつ人が多い。

しかし、ここ「日本」にも、高い自殺率やいじめ、パワハラ、女性差別などたくさんの問題がある。そこで下里夢美さんは「日本の問題にも目を向ける」ことを考えはじめたのだそう。

「そうだ、日本で今頑張っている人たちがもっと輝ける社会になるために、イベントを開催して、登壇機会を作ろう!そして、参加者から集めたお金を支援金にして、シエラレオネでも同じことをやろう!」

下里夢美さんは、そんな想いからソーシャルドリームコンテストプロジェクトを始めました。

今までの活動◎

  • 約10回の「少人数制プレゼン交流会=(訳して夢プレ)」
  • 約10回のアフリカの諸問題や現状について啓発する、西アフリカお料理体験会
  • 計10回の夢追う登壇者を講師としてお招きする勉強会
  • 第1回目のソーシャルドリームコンテストを開催(2015年2月)

たくさんの活動をした中で、ソーシャルドリームコンテスト企画を思いついたのですね!

第2回目のソーシャルドリームコンテストがやりたい!

1度目の開催は、発起から開催日まで1か月しかなく50名あまりの皆さんにしか、登壇者の夢をお伝えすることができなかったそう。

今回はもっと大勢の方、200名の方に登壇者の夢を届けたい。そんな想いから第2回目のソーシャルドリームコンテストが企画されました♩

Alazi Dream Project主催『第2回ソーシャルドリームコンテスト』

日時:2016年5月15日(日) 13:00~15:00
開催場所:TKP渋谷カンファレンスセンター4Aホール
(200名収容・渋谷駅東口から徒歩2分・ヒカリエ隣)
審査ルール:

  • 受付で3枚のハートの紙を受け取ってください。
  • 応援したいと思う人の名前をハートの紙に書いて投票します。
  • 応援したいと思う人が1人だったら3枚のハートの紙にお一人の名前を書いてもOKです。

夢追うすべての人がもっと輝き応援しあえる社会の実現を目指したい!そんな想いが込もった「社会を変える」をテーマに、今を輝く若者が登壇するコンテストが開催されます。

このコンテストは参加者全員が審査員となる参加型イベントで、優勝者にはその後の夢を後押しする著書が贈呈されるそうですよ♩

資金の使い道

  • WEB制作物代
  • 司会者ご依頼費
  • 出場者様のお足代
  • チケット・チラシ・パンフレット印刷代
  • 垂れ幕や、その他ポップ
  • 優勝者景品(優勝者のその後を後押しするご本人希望の著書を後日贈呈)

これからの社会を変える、若者たちが抱く素敵な夢たちを一人でも多くの人たちに届けるための新しいステージをつくりたい。

そんな誰もが誰かの夢を応援しあえる世界に変えていく挑戦を是非一緒にしてみませんか?

プロジェクト詳細はコチラ:https://camp-fire.jp/projects/view/5168