CAMPFIRE MAGAZINE

挑戦者の声なき声を、小さな火を灯しつづけるCAMPFIREのオウンドメディア

ホームレス小谷さんの “新企画” ◎おとぎの国を実際に作る『僕らの町を作ろう!』プロジェクト開始

April 2, 2016

News

続きを読む
ホームレス小谷さんの “新企画” ◎おとぎの国を実際に作る『僕らの町を作ろう!』プロジェクト開始

おとぎの国を、実際につくれる企画。

今回は、ホームレス小谷さんの新企画『僕らの町を作ろう!』プロジェクトを紹介します。

gazou1

今回の目的!

2015年の夏、一ヶ月間だけ東京・青山に姿を現した夢の町『おとぎ町』。

お笑い芸人であると同時に絵本作家としても活躍する、キングコング西野亮廣さんが去年開催していた期間限定の『おとぎ町ビエンナーレ』を、土地を確保してもう一度作っちゃおう!というのが今回の企画です。

木箱の匂いと三角フラッグがたなびく空間には、アイリッシュ音楽と子供達の笑い声が響き、期間中の来場者数は1万人を越え、町が無くなった後も熱は冷めず、僕はもとより、あの空間に魅了された全ての人々が『おとぎ町』の復活を望んでいました。

オトナからコドモまで大勢の人が待ち望んでいた『おとぎ町』をもう一度つくりたい!そんな小谷さんの気持ちが、ギュ〜と詰まった心があたたかくなるプロジェクトですね◎

gazou4

更に企画者である小谷さんは、埼玉にある緑溢れる土地をお譲りいただく機会に恵まれまれたそうです。

この場所を個人的に使うのではなく、ここに、あの夏、皆から愛された『おとぎ町』を作ります!

gazou5

皆で焚き火を囲み、皆で語らい、缶ビール片手に歌い、踊り、泣いたり笑ったり、喧嘩したり仲直りしたり…そんな日々を自分達が作った町『おとぎ町』で過ごしたいと思いました。

素敵な想いから生まれた『おとぎ町』プロジェクトですが、一体どのようなものになるのでしょうか?

どのようにして、町をつくるの?

下の画像が、『おとぎ町』の完成予定図です!

gazou6

gazou6

小谷さんがお譲り頂いた土地には、まだ何もない状態なのでイベント等をおこなう為には水道やトイレのインフラを整えなければなりません。

gazou7

資金の使い道

  • 工事費など含む開発費…153万(1.512.000円)
  • プロジェクト手数料:5%(決済手数料を含む)

gazou7

井戸も掘る予定なんだとか…♩おとぎの国のようなとっても楽しそうな “町” が出来そうですね!

是非アナタもこの「おとぎ町」の作り手になってみませんか?♩

プロジェクトはこちら! ▶︎https://camp-fire.jp/projects/view/4854