CAMPFIRE MAGAZINE

挑戦者の声なき声を、小さな火を灯しつづけるCAMPFIREのオウンドメディア

「妊婦さんのヒーローになりたい!」世の中の妊婦さんを助けるエチケット袋プロジェクト◎

2016年5月5日

News

続きを読む
「妊婦さんのヒーローになりたい!」世の中の妊婦さんを助けるエチケット袋プロジェクト◎

妊婦さんって、とっても大変。

食事も、生活リズムも、気にかけることがたくさんあります。そんな妊婦さんは、2015年における日本の1年間の出生数から考えると、1年間で約100万人の妊婦さんが新たに誕生していると考えられます。

その内、約2割の妊婦さんは、ほとんどつわり症状がないまま、出産を迎えると推定されていますが、海外の研究者の研究結果によると、少なくとも約半分の妊婦さんが吐きつわりの症状が出るとのことです。

つまり、日本だけでも、毎年約50万人の妊婦さんが吐きつわりに苦しんでいるだろうと考えられます。

そんな妊婦さんの、外出先での「つわり」を少しでもサポートできるように…!

今回は「妊婦さんが外出先で安心して利用できる、安価なエチケット袋」をつくるプロジェクトを紹介します◎

画像

プロジェクトを始めたキッカケ

実は、長く苦しんだ末に、ようやく妻が妊娠しました。言葉に代えられないほど、とても嬉しいことでしたが、そこから妻は、”壮絶なつわりとの闘い”が始まりました。

約1ヶ月半の間毎日嘔吐し、何も食べられず、他のつわり症状にも苦しみましたが、なんとかがんばってくれました。

「妊婦さんってこんなにしんどいんだ。世の中のママって、めちゃくちゃすごいな!」

妻を傍で見て、そう痛感しました。知識としての「つわりはしんどい」という情報からは、正しく想像できていませんでした。

画像

そこで、妻が通勤時にも利用できるようにと、エチケット袋を買い求めにダイソーに行ったのですが、どれだけ探してもありませんでした‥。

じゃあ次はAmazonだ、楽天だと思い、ECサイトを漁り倒しましたが、ようやく見つかったのは、とても外では利用したくないであろう絵のプリントが入った、しかも1袋150円もする袋しかありませんでした‥。

ならばと、「同じ悩みを抱えた妊婦さんは必ずいるはずだ」と思い、web上に答えを求めましたが、世の中の多くの妊婦さんが、僕たちと同じ悩みを抱え、Yahoo!知恵袋などに解決方法を求めていました‥。

そこで寺下さんは…

「えっ!?みんなめちゃくちゃ困ってるんだ!?」

「じゃあ、自分がイケてる安い袋を作っちゃおう!」

という結論を出し、今回のプロジェクトに挑んでいます。

事業化し、解決します

企画者である寺下さんは、「これだけ多くの妊婦さんが困っている現実があるのであれば、この取り組みを単発で終わらせることなく、継続性をもって解決していく必要がある!」と感じたそうです。

事業化し、今後も妊婦さんの「困った」を解決してくれる寺下さん。女性はとっても安心できますよね♩

資金の使い道

エチケット袋初回生産分の生産費用:約20万円

外出時での妊婦さんをサポートしてくれます◎

「吐きつわり」を軽減する方法を調べてみた!

(プロジェクト自体には関係ありませんので飛ばして頂いても大丈夫です。)

この記事を見てくださっている方の中には「吐きつわり」に悩んでいる方や、その悩みをサポートしてあげたいという方がいらっしゃるかもしれない…!「吐きつわり」を軽減する方法を調べて、少しまとめてみました!

(参考サイト:育ラボ

  • 食べれるものを、食べれるタイミングで食べる……「吐きつわり」では些細な食事で戻してしまうことも、しばしばあるそう。食べたいときに、無理のないように美味しく食べることがいいそうです。
  • 水分をしっかりとる……戻してしまうと水分不足による脱水症状を引き起こしてしまう可能性があります。水分をしっかりと摂ることがいいそうです。
  • エチケット袋を持ち歩く……トイレが近くになくても吐ける状況づくりが大切だそうです。「いつ吐いても大丈夫」という状況が、安心ですね。

終わりに

妊婦さんには嬉しい「やさしいココロ」が詰まったプロジェクトでしたね!最後に寺下さんから皆様へメッセージがあります◎

「一人ひとりの力は”微力”かもしれない。だけど、”無力”ではない。」

僕が尊敬している、カンボジアでの地雷撤去活動やウガンダ、コンゴでの子ども兵社会復帰支援活動などを行っている認定NPO法人テラ・ルネッサンスの創設者である鬼丸昌也さんが大切にされている言葉です。

これは、本当にそうだなぁと思っていて、僕自身も自分の無力さに苛まれて行動量が落ちているときに立ち寄る言葉なのですが、一人ひとりの行動は”0(ゼロ)”ではなく、必ず”+(プラス)”なんですよね。

だから僕もこうして動きますし、どんな小さなご支援であれ、みなさんのご支援により、”確実に”このプロジェクトは前に進みます。

ですので、どうか僕の活動にご共感いただけましたら、ご支援のほど、よろしくお願いします!

新しい命にも、妊婦さんにも優しい「妊婦さんのヒーローになります!」プロジェクトに是非、アナタも挑戦してみませんか?

スクリーンショット 2016-05-05 18.56.09

支援はプロジェクトページの緑のボタンからお願い致します。

支援ページはコチラ:︎https://camp-fire.jp/projects/view/6537