CAMPFIRE MAGAZINE

挑戦者の声なき声を、小さな火を灯しつづけるCAMPFIREのオウンドメディア

(熊本復興 = 農業復興!)熊本地震から立ち直る為に。「熊本ヒノデ米」で復興を目指す!

May 23, 2016

News

続きを読む
(熊本復興 = 農業復興!)熊本地震から立ち直る為に。「熊本ヒノデ米」で復興を目指す!

「熊本は、たくさん傷つきました。」

2016年4月14日午後9時26分ごろ、突如九州地方を襲ったマグニチュード6.4の地震。

現地では、まだたくさんの方が以前とは違う生活をせざるを得ない状況です。

そんな状況を、地元から変えて行く…!

画像

食べて応援、だけじゃない。植える、収穫する、食べる、つながる。

農業県熊本の復興を田植えから始めます。現在、熊本では地震の影響で作付を断念する農家が増えています。その田んぼを被災者、ボランティアの力で種を植え、収穫する「熊本ヒノデ米」をつくります。

プロジェクトに込めた願い

画像

今回プロジェクトを始めた、一般社団法人日本お米協会 代表理事である 森賢太さん が込めた想いとは?

熊本は、たくさん傷つきました。もちろんまだ終わっていません。

亡くなられた方。相変わらず続く余震。家が倒壊したし未だに避難所に寝泊まりする方。

崩れた熊本城の石垣。土砂崩れがおきた阿蘇の山々。

熊本の風景が、地震によって変わってしまうのは悲しいものです。熊本の風景は農業によって作られてきました。

阿蘇の草原も。美しい田園風景も。豊かな地下水も。

そんな熊本の農林業の被害が1000億円を超えました。

田は亀裂が入り、ダムは崩れ、水路はひび割れ、土砂崩れで消滅する田畑。

壊れる潰れる機械や資材。

田んぼは無事でも、家の片付けと田植えシーズンが重なり、今年の作付けを断念する方が高齢の生産者。

集落には若者が少ない状況。しかし、まだ負けません。

日本を代表する農業県熊本が復興するには農業が元気になることが必要だと、私たちは考えました。

熊本には日本の食を支える生産者がたくさんいます。

私たちは、植えようと思えば植えることができる田んぼを植え。地震の影響で急に農地が増えた、地域の元気な農業者をサポートします。

人手が必要なら人を送り。機械が必要なら機械を送り、修理し、しっかりと利益の残るようにお米の販売をサポートします。

もちろん1年では終わりません。2、3年後まで稲作を続けられるように。しっかりと熊本を見守ってもらえるように。

被災した子どもたちや県外のボランティアの方など、できるだけたくさんの人と田植えをしたいと考えています。

若者が集落に戻り、移住し、農業ができる。仕事になる。そんな夢があります。

地震によってこれ以上大好きな熊本の風景が変わってしまわないように。前よりももっと素敵な熊本になるように。

農業が元気になれば、きっとできると私たちは信じています。一緒に挑戦してくれる方を大募集中です。

「熊本ヒノデ米」プロジェクトにご支援お願いします。

大好きな熊本の風景が変わってしまわないように。農業という視点から復興を始めます。

しかし、「具体的にどのような活動をするのか?」

それは、地震の影響で蒔けなかった種や植えれなかった田んぼなどを活用し、次につなげること。

避難所の子どもたちや熊本の被災者、ボランティアの皆様、協力会社と共に種をまき、田植えをし「熊本ヒノデ米」をつくります。目標は20ヘクタール分の田んぼでの作付けですが、現在約5ヘクタールの依頼があり活動中とのことです。

これまでの活動

プロジェクトオーナーである森賢太さん。

画像

数々のプロジェクトを成功させてきました。

2009年から7年以上、熊本で食と農に関わってきました。

生産者が直接販売にくるファーマーズマーケット”アースデイマーケットくまもと”を毎月企画、食べもの付きの情報誌「くまもと食べる通信」の編集長もさせていただいたりしています。

他にも…

「一般社団法人 日本お米協会」:熊本を拠点に生産者同士の勉強会や田植えイベントなどを主催する、お米農家の生産者団体の代表理事を勤めたり…

「ハレルヤ熊本」:地震直後から物資のお届けや炊き出しなどを行ってきたボランティア団体。各地の避難所への物資の輸送からはじまり、被害の大きな地域への炊き出しなどの活動に加え、子供達の心のケア、震災補償の無い農家さんへの支援活動、など各ボランティア団体の方々と連携をしつつ被災者への雇用作りなどの活動もしています。

資金の使い道

具体的な資金の使い道を紹介します。

  • 熊本の農家を元気にする、超ハッピーな田植えイベント開催費用。
  • 被災者の雇用をつくる為の、草刈り等の初年度人件費。
  • 商品パッケージなどデザインや広告宣伝費。

目標金額えを超えた場合は、収穫祭を開催し、熊本復興のお祭りを開催するそうです。

プロジェクトに協力してくれている団体

  • 避難所の子どもたち(城東小学校、益城)
  • 一般社団法人 東の食の会
  • 株式会社オイシックス
  • Yahoo!JAPAN

このように、たくさんの団体さんが熊本の復興を願っています。復興支援にも、おいしい生活にも。

  • 熊本の自然のおいしさを味わえる特権
  • 復興のお手伝いができる

是非あなたも「熊本ヒノデ米」に支援してみませんか?

気になった方はコチラから:https://camp-fire.jp/projects/view/6991