CAMPFIRE MAGAZINE

挑戦者の声なき声を、小さな火を灯しつづけるCAMPFIREのオウンドメディア

数学のお兄さんに授業してもらったらめちゃんこ面白かった

June 6, 2016

News

続きを読む
数学のお兄さんに授業してもらったらめちゃんこ面白かった

科学の楽しさ・大切さの体感を、様々な切り口で体感できるイベント「サイエンスコラボレーションカフェvol.2」を開催する数学のお兄さんこと横山明日希さん。

数学のお兄さんはこんな人

2016-06-03 13.04.03

数学を変わった切り口で研究する人。理系企画プロデューサー。サイエンスコラボレーションカフェ主宰。お笑い芸人との数学ラジオなど、多方面で活動。

-12-638

-72-638

-76-638

ここから全部見れます:http://www.slideshare.net/AsukiYokoyama/vol5-62540504?ref=http://asunokibou.net/?p=1513

こういう事を数学でやっている人だそうです。よくわからないけど凄い事だけは伝わりますね。

せっかくだから授業してもらいました

ー早速なんですが、イベントの魅力を伝えるために、数学を使ってここで授業をしてもらえませんでしょうか?
急だな(笑)わかりました。簡単にですが、日テレさんの「月曜から夜ふかし」でも取り上げられた内容をやりましょう。

2016-06-03 12.24.59

2016-06-03 12.29.26

ーすいません、数式とかたくさん書いてもらってますけど、全然わからないです。わからないけど、何かすごいっていうのは伝わっています。
元々、「キスしやすい理想の身長差は12cm」というのがありまして。それを数学的に分解したものがこれです。

2016-06-03 12.29.32

ー数式や角度とかがたくさん書いてある。

2016-06-03 12.25.31

ーうん……凄いおもしろいですね。数学とか全然詳しくないけど、おもしろさが伝わります。
ありがとうございます。このように、数学に詳しくない人でも入り口を広くしようと、恋愛などに絡めて授業をしています。

ーこういう感じの授業をイベントでもやるんですか?
いえ、イベントでは数学短歌コンテストをやってみたいと思っています。前にTwitterの「#愛と数学の短歌コンテスト」で募集して、東京新聞にも掲載されました。

ー数学で短歌……?!全く思いつかない……。

2016-06-03 12.35.30

「座標から 距離の出し方知ったけど 距離の詰め方 教科書にない」

こんな感じです。

ー凄い。確かに短歌だし、見てなるほど! と思っちゃいました。
ちなみに、コンテストで優秀賞を獲ったのがこちらの短歌です。

2016-06-03 12.51.47

「平行線 1°動けば交差する だから私も 一歩踏み出す(ごまだれ)」

ー良い。
ね、すごく良いでしょ。

2016-06-03 12.27.11

ー自分も1つ作ってみようと思ったけど、全然思いつかなくて考えるのをやめました。このコンテスト、どんな人が応募してきたんですか?
約1,300件来たんですが、幅広い年齢層の人が投稿してくれて、賞を獲った40代から50代の方と並んで、今書いた短歌は受験生の人が作りました。

ーえ! それってつまり……?!
そうです。

2016-06-03 12.33.27

受験生も数学で大人と戦えるんです。

ーいい時代だ。

大人にも、また数学を楽しんでほしい

2016-06-03 12.46.51

ー個人的で申し訳ないんですが、僕学生の時数学って苦手だったんですよ。当時こういうのがあったらもっと勉強できたんだろうなぁ。
そうですね。今の学生さんにも楽しんでもらえたり興味を持ってもらうのは勿論なんですけど、大人の人もまた勉強したい! 思ってもらいたいですね。

ー恋愛に関するテーマを切り口にしたら、色んな人が見てくれますもんね。
特にエロや恋愛を題材にするとかなり食い付きがいいですね。大人の方も学生も。それでまず興味を持ってくれたら嬉しいです。

ー確かに、短歌は今すぐには出来ないけど、こういうのがあれば勉強のやり甲斐がある!

対決もある?イベントの中身とは

2016-06-03 12.46.21

ー数学を使ったおもしろい授業をやってもらったんですけど、このイベント、二回目なんですね。
そうです。おかげさまで一回目は満員で好評でした。

ーどういった人達が来たんですか?
もちろん一般の方も来てくださったんですけど、中には同じ科学を使って何かやってる人、やりたい人が来てくれました。そのおかげもあって、こういった活動をしてるというのがより周知されてきましたね。

ーイベントは科学を使った内容もあるんですよね。どんな感じになるんでしょうか?
今回色んなゲストを呼んでるんですが、科学や数学を色んな切り口で広めてる人達を呼んでます。例えば、科学を使ったダンスとか、歌とか。あとイベントではゲストの人達でサイエンスショー対決もやる予定で、お客さん参加型のイベントにしようと思っています。

ー科学で対決!? まさかイベント中に爆発とかそういう……。
違います。

ーですよね。

最後に

2016-06-03 13.05.44

今回、インタビューに応じてくださった数学のお兄さんこと、横山明日希さん。

一見小難しい印象を持たれがちな科学や数学を色んな切り口で広め、みんなをワクワクさせたいという想いを語って下さいました。

「いつか武道館でサイエンスショーをやりたい」という夢も語ってくれた数学のお兄さん。皆さんも科学と数学を色んな切り口で楽しんでみませんか?

お客さん参加型のイベント!!サイエンスコラボレーションカフェvol.2のチケットはこちらから:http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002189147P0050001P006001P0030001

ー科学や数学に興味がない人でも絶対楽しめるイベントですね。横山さんも有名だし、恋愛ネタとかおもしろい事やってるし……やっぱりファンとかも沢山来るんですか?
どうなんでしょう。多少はいると思いますが、男性が多いです。もっと女性ファンを増やしたい。

ーそれは聞いてないですが、今後も頑張ってください!
ありがとうございます!

サイエンスコラボーレションカフェvol.2のプロジェクトの支援はこちら:https://camp-fire.jp/projects/view/6844