CAMPFIRE MAGAZINE

挑戦者の声なき声を、小さな火を灯しつづけるCAMPFIREのオウンドメディア

江戸の町をVRで再現する! 元お坊さんの一大プロジェクト

2016年6月15日

News

続きを読む
江戸の町をVRで再現する! 元お坊さんの一大プロジェクト

【江戸の町VR化プロジェクト】〜江戸時代の東京にVRでタイムスリップ!〜(https://camp-fire.jp/projects/view/4665)のプロジェクトオーナーである、AVATRA LLC. さんのオフィスにお邪魔しています。

大石さんは実家がお寺で、お坊さんからITベンチャーに転職し、ゲームアプリ会社などで働いた後、AVATRA LLC.を創業。現在もたまにお坊さんをやっているそう。

2016-06-01 13.56.10

部屋にその形跡がありました。「自分にとってはスーツ、正装のようなもの」と言っていた大石さん。

2016-06-01 14.06.26

早速VRを体験したいと思います。ちなみに今回人生初のVR体験です。

2016-06-01 14.07.38

「……うぉぉ、すごい! 自分の首の傾きによって景色が変わってる! 本当に目の前にあるみたい〜!」と、体験した感想を文字に起こしても伝わらないのが辛いところ。

こちらの動画が一番参考になるのですが、実際に体験したらすごい臨場感でした。

2016-06-01 14.49.55

かつて3Dゲームで酔ったこともある僕でしたが、凄く楽しかったです。意外と酔わなかったし。

VRを作ろうと思ったきっかけ

2016-06-01 14.12.46

—VRを体験させて頂きありがとうございます。早速ですが、お坊さんから今の仕事になった経緯を教えてください。
3年前までお坊さんをやっていたんですが、色んなところで派遣されていく中で、「HP作れないのか?」とか言われるようになって、全く知識なかったんですけど、「できますよ!」とか言ってたら作れるようになって。そこからお坊さんをやめて本格的に勉強し始めました。

—それでVRも作れるようになったんですね。
技術的にはスマホのゲームを作る技術の応用でも出来るんです。今回は江戸時代の日本橋を舞台にしてるんですが、大学でも仏教学を勉強をしていくうちに、歴史に興味を持ちました。

1995年にベルリンで発見された『熈代勝覧』(きだいしょうらん)という江戸時代用事の日本橋から神田の問屋街や行き交う人々の絵巻物がありまして。それをVRで再現したら面白いと思って、今回のプロジェクトを始めました。

『熈代勝覧』

2016-06-01 14.12.04

—なるほど。でもまだこのVRの中には人間がいないですね。
そうですね。いずれは人を配置していき、これを江戸の町を駆け巡るネットゲームにしたいと考えています。

—おぉ、面白そう……!
現代の町やファンタジーものではそういうゲームはあるんですが、意外に江戸の町を舞台にしたゲームってないんですよね。

例えば、プレイヤーは忍者を操作し、世界中の人たちとチームを組んで江戸の町や城の中に入ったりして、任務を遂行したりそれを邪魔したりとか。……そんなものを作れればいいと思っています。

—構想を聞いただけでそのゲームをやりたくなりました!
面白そうですよね。一番のきっかけは、「自分がそんなゲームをやってみたい」という想いが強いですね。それにはまず、江戸の町を再現するところからです。

海外の人も注目してる?

2016-06-01 14.19.26

「今回の江戸の町を再現するVR、ゲーム化するならPC専用にしたい」と語った大石さん。

確かに、日本人がオンラインゲームを楽しむ場合、家庭用ハードや携帯ゲーム機を使うことが多いイメージ。PCでのオンライン対戦などは海外のほうが普及しているそうです。

—もしゲーム化したら、海外のユーザーにも楽しんでもらえそうですね。
むしろそっちがメインです。VRのゲーム自体も海外のほうが普及してるんですよね。今回このプレスリリースした際、VICEにも取り上げていただき、海外の方々からも「パトロンになりたい」「自分も手伝いたい」などの嬉しい問い合わせも頂きました。

VICEの記事はこちら

—凄いですね……最近では日本でもVRは話題になっていますが、色んなところでも需要がありそうですよね。
そうですね。今でも教育機関からも問い合わせがきてます。教育教材や、博物館などにおいてもいいでしょうし……様々な可能性があると思っています。

2016-06-01 14.43.18

—確かに、VRは今までになかった最新の技術ですよね。
VRでこれまでの「視覚情報」から、「体験」を出来るようになります。文明が進化していき、我々は情報を目にすることがより便利になってきました。しかし、テレビゲームやスマートフォンなどが出てきても、それらは情報を見る事に特化したものなんですよね。今まで出来なかった「体験」をVRでは可能にしていくんです。

「江戸の町を再現する」、それだけに留まらない今後の展開も話してくれた大石さん。実現するまで挑戦し続けたいと意気込んでいました。

そんなAVATRA LLC.の一大プロジェクトはこちら:https://camp-fire.jp/projects/view/4665