CAMPFIRE MAGAZINE

挑戦者の声なき声を、小さな火を灯しつづけるCAMPFIREのオウンドメディア

幸せの味! 東京の牧場に行ってみたら幸せに溢れていた

2016年6月21日

News

続きを読む
幸せの味! 東京の牧場に行ってみたら幸せに溢れていた

東京都内の放牧場で育つ仔羊(ラム)のオーナーになろう!のプロジェクトオーナーである、daikanyama O’KOKさんのお店に来ました。

2016-06-09 17.49.49

daikanyama O’KOKオーナーの多治見 智高さん。

ジプシージャズバンドのバイオリニストとして活動する傍、daikanyama O’KOKの経営もやる凄い人。

関係ないですが、音楽をやっていると聞いて「レゲェですか?」と聞いてしましました。ジャズだそうです。

2016-06-09 20.06.04

今回のプロジェクトでは、羊のオーナーになって美味しいラムを食べられるという事でしたので、一足先にラムを食べさせて頂きました。ご覧通り、めちゃめちゃ美味しそうです。

2016-06-09 20.08.53

本格的なラム肉を頬張るの初めてだったので、興奮の余り高速で食べてしまいました。

牧場で羊を見てきた!

2016-06-09 16.33.31

オーナーになれる羊が育つのはここ、磯沼ミルクファームさん。東京の八王子市にある牧場です。

1度足を踏み入れると……

2016-06-09 16.34.29

すぐに牛に会えます。

2016-06-09 16.38.16

2016-06-09 16.42.02

めっちゃいます。およそ100頭以上の牛がいるのですが、1頭1頭にそれぞれ名前もあるそうです。

2016-06-09 16.43.38

あまりに自然に牛がいたので、「ここ東京だよね?」と思いましたが、東京です。

普通にご近所さんも駅に向かう通り道に使うというこの牧場、牛の寝床や歩くところにコーヒーとココアのダストを使う事で匂い消し、牛もあまり鳴かない長閑で良い環境です。

2016-06-09 16.48.42

磯沼ミルクファーム 代表の磯沼 正徳さん。

「牛と人の幸せな牧場! 家畜福祉!」と大々的に唱っている磯沼ファームさん。

磯沼さんは「牛が「モーモー」と鳴くのは何かに不満があったり人間に訴えたい時。鳴かないのは、みんな幸せだから」と言っていました。

2016-06-09 17.50.06

そんな磯沼ミルクファームで「有難豚」を育成予定のホープフルピッグ代表の高橋希望さん。元々daikanyama O’KOKさんで「有難豚」を提供してるご縁で、今回一緒に来てくれました。

2016-06-09 16.52.35

多治見さん、高橋さん、磯沼さんが3人揃ったのもこの日が初めて。今回はこのメンバーで磯沼ミルクファームを案内して頂きます!

羊と一緒に散歩できる

磯沼さん:せっかくだから羊と一緒に散歩しながら周りましょうか」

ーえ?羊と一緒って……?

2016-06-09 17.11.07

2016-06-09 17.13.09

磯沼さん:一緒に散歩出来ますよ

ーおぉ! まさか羊を犬の散歩みたいな感じで!?

2016-06-09 17.13.55

多治見さん:オーナーになったら羊と散歩も出来ますね

ーまぁ自分の羊になる訳ですからね……羊と一緒に散歩したい人は是非!

2016-06-09 17.17.49

ー途中道草ばかり食べる羊。めちゃめちゃ可愛いけど、なかなか進まない。これがホントの“道草を食う”ですね

高橋さん:そうですね。意外とこれが由来だったりして。

磯沼さん:そうですよ

ー本当のやつだった……(調べてみたら馬が道草を食べるのが由来でした。あながち間違ってない)。

2016-06-09 17.20.41

歩いて行くとホルスタイン(白黒の牛)がいました。

磯沼さん:呼んでみましょうか?

ーえ、牛も呼んだら来るんですか?

2016-06-09 17.20.48

「おーい」と牛を呼ぶ磯沼さん。果たして本当に来るのでしょうか。

牛 GIF

ー本当にきたー!!!

磯沼さん:可愛いでしょ。みんな人に慣れてるんですよ

高橋さん:いやーそれでも磯沼さんのところに真っ直ぐ来るのは、牛と磯沼さんの信頼関係あってこそです

ー確かに。1頭1頭に名前をつけてるのも凄いですよね。それだけ大事にしてるのがわかる

磯沼さん:生産者の顔と名前が見える野菜と同じように、こちらで商品にしている牛乳やヨーグルトにも牛の名前を印字しています。そうする事によって、“世界に一つしかない商品”というブランドが出来るんです

ーなるほど……。そう思うとより美味しく感じるし、欲しくなる。

多治見さん:今回のプロジェクトのリターンであるラムのオーナーも、いわば世界で1つの、自分だけのラム肉になりますからね

ーそうですね……ってあれ?

2016-06-09 17.24.09

羊にめっちゃ引っ張られてる多治見さん。

ーなんか、羊との組み合わせ似合いすぎじゃないですか?

多治見さん:そうですか?

高橋さん:確かに。羊使いみたい

多治見さん:絶対ヒゲだからでしょ?

2016-06-09 17.27.35

見た目とは裏腹に羊に振り回される多治見さん。羊さん、結構力強いらしいです。

s_2016-06-09-17.44.05

途中立ち寄った牛小屋。外にいる羊が気になっているよう。

ーでも……こう言ってはあれですが、こんなに可愛い羊も牛も、僕ら食べちゃうんですよね……。
高橋さん:そうですね。でも、こういう場所に来る事によって生命の尊さだったり、食材への感謝だったり、色々と再認識する事ができるんですよね。牛や羊も、肉だけでなく牛の角や羊毛だったり、何かしらに形を変えて使っていきたいと思えるようになります」

磯沼さん:さっきも言ったように、ここにいる牛はみんな、幸せだと思っています。なので、うちで出してる牛乳やヨーグルト、出荷して食べてもらう人にはその幸せを感じて欲しいですね」

2016-06-09 16.49.34

磯沼ミルクファーム内にあるヨーグルト工房。世界で一番小さいらしい。

2016-06-09 16.59.36

2016-06-09 16.59.41

ちゃっかりヨーグルトや牛乳、プリンを試食させて頂きました。めっちゃ濃厚でヨーグルトに至っては濃厚すぎて「チーズかな?」と思うくらい美味しかった。

ー確かに、さっき食べたヨーグルトすっごく美味しかったです。あれが幸せの味か……。

高橋さんこの磯沼ミルクファームで育つ羊だったらすごく安心だし、羊も、オーナーも幸せになること間違いなしですね。

ーそうですね。こういう環境を見たらラムのオーナーになるのアリな気がしてきた。

多治見さん:もちろん、daikanyama O’KOKで美味しく調理させていただきます!

さいごに

今回、プロジェクトのリターンである羊のオーナー権、その羊が育つ磯沼ミルクファームさんにお邪魔させて頂きましたが、東京とは思えない長閑で素敵な環境、なにより牧場主である磯沼さんの人柄の良さが、牧場にいる牛や羊たちに表れていてとても幸せそうだったのが印象的でした。

2016-06-09 22.21.45

是非、今回のプロジェクトで羊のオーナー権を持つのは勿論ですが、一度牧場に遊びに行ってみてください。幸せな牛や羊が皆さんを迎えてくれる事と思います。

2016-06-09 16.49.09

ということで、今回は磯沼さん、高橋さん、多治見さん、ありがとうございました!!

プロジェクトページはこちら:https://camp-fire.jp/projects/view/7344

Webサイト:磯沼ミルクファーム