CAMPFIRE MAGAZINE

挑戦者の声なき声を、小さな火を灯しつづけるCAMPFIREのオウンドメディア

【妄想はかどります。】”ホラー×恋愛” を組み合わせた新感覚の恋愛ゲームが人気急上昇中◎

2016年7月16日

News

続きを読む
【妄想はかどります。】”ホラー×恋愛” を組み合わせた新感覚の恋愛ゲームが人気急上昇中◎

「もしも、幽霊が “美少女” だったら。」

おぞましい存在であると認識されている幽霊。

だらりと垂れた漆黒の長い髪、白いぼろぼろの服。小さい頃、幽霊やおばけを怖がった人がほとんどだと思います。

しかし、この作品はちょっぴり違う視点から幽霊を見た作品になっているのが面白い。

「もし幽霊が美少女で、自分に取り憑いたのだとしたら、いっそ恋愛に発展してしまうのでは?」……と。

そんな発想から生まれたのが、呪い×恋愛の異色の美少女ゲーム「セヴンデイズ あなたとすごす七日間」。

世では「怖い!」と認識されている幽霊という存在と、なんと「恋」に落ちるという発想…!

新しすぎる切り口に、たくさんの人たちが注目を集めています。

ストーリーがとっても凝っている

ヒロインたちはひとつの身体にかわるがわる憑依する。

“「――私たちを、終わらせてください」さっきまで怨霊だった彼女は、俺の目を見てそう言うのだった……。”

本作のヒロインは不幸な死を遂げた7人です。肉体があるのは千夜子だけなので、それぞれが千夜子の身体に乗り移ることになります。

“マリ 「みんなでちゃこの身体を使い回すってことか!」

千夜子「だ、大事に使ってくださいねっ……!」

ネネ 「うぅん、もう少しお胸欲しかったわねぇ」

千夜子「ごっ、ごめんなさい……」
シズク「カーシェアリングならぬ……ボディシェアリング」”

千夜子の身体がこの世に存在できるのは49日間。1人あたり7日という限られた時間を、幸せな最期を迎えるために使います。

本作は、死んでいる7人の少女たちを安らかな眠りに導く物語です。

ひとりひとりに、様々な過去やストーリーがあるので、ひとつの体でも喋り方や雰囲気なども変わってきます。普通の恋愛ゲームであれば、「見た目も違う女の子の中から選んで恋をする」といった内容の恋愛ゲームが、この「セブンデイズ」では、1つの体の中にいるたくさんの個性の女の子と恋に落ちるという新感覚な内容。

動画も是非ご覧下さい。

肉体がある千夜子の体をヒロインの誰かが乗り移ると、そのキャラクターの目の色に変わったり、ひとつの体でも色や服装などの個性で見た目がグッとかわるところも見所です♩

可愛い登場人物たちを、ちら見せ!

画像

▼御巫千夜子/ちゃこ(CV:上坂すみれ)

画像

▼忽那サクラ(CV:桐谷蝶々)

画像

▼小鳥遊マリ(CV:藤田昌代)

画像

▼百目鬼イチル(CV:清水彩香)

画像

▼色摩ネネ(CV:清水愛)

画像

▼月野木コトハ(CV:荒浪和沙)

画像

▼九十九シズク(CV:戸田めぐみ)

画像

▼西蓮寺紫(CV:大橋歩夕)

「原画・みこ先生、彩色・葉月かなめ先生のタッグによって描かれる儚く美しいヒロインたちに恋をする。」

美しい原画に、ほわんと儚い色使い。光の加減や紙の艶めきまでもに思わず見とれてしまうデザインが、ここにはあります。

ヒロインたちの声は今をときめく実力派声優陣が担当!

メインヒロイン

  • 御巫千夜子/ちゃこ:上坂すみれさん
  • 忽那サクラ:桐谷蝶々さん
  • 小鳥遊マリ:藤田昌代さん
  • 百目鬼イチル:清水彩香さん
  • 色摩ネネ:清水愛さん
  • 月野木コトハ:荒浪和沙さん
  • 九十九シズク:戸田めぐみさん

<重要なサブキャラクター>

  • 西蓮寺紫:大橋歩夕さん
  • 主人公の母親:丸山美紀さん

この企画を立てた時には想像もできなかった豪華なキャストでお送り致します!

画像

ゲームあるあるの「やり直し」に、時間を割かれない!

ギャルゲーと言えば、女の子との恋愛シナリオに突入する「ルート」が存在して、ヒロインの数だけルートがあり、一人クリアするとまた最初からやり直し。

これが一般的なギャルゲーですが、最初からやり直して、また選択肢をあちこち選んで……とやっていると、面倒くさいし時間がかかってしまいますね。

今回の「セヴンデイズ」は複数のヒロインが存在しますが、ルート形式ではなく各ヒロインごとのお話を進めていく”チャプター形式”を採用しています。

例えば”サクラ篇”をクリアすれば”コトハ篇”がプレイ可能になるといった具合に、クリアを重ねていくシステムになっています。

なので、クリアしたチャプターはゲームの進行度に関係なくいつでも再プレイが可能となっています♩

もちろんクリアまでの道のりはひとつではありませんので、再プレイによって見逃していたシナリオに行き着くこともあったりと、何回でもゲームを楽しむことができちゃいます◎

資金の使い道

  • イラスト関連制作費:75万円
  • 音声関連制作費:75万円
  • リターン制作費:40万円
  • CF手数料:10万円

高いクオリティーでお届けする為に、全てこだわりつくしています!

さいごに

全年齢プレイ可能の、いわゆる「ギャルゲー」を普及させる為に。

ギャルゲーをもっとメジャーなコンテンツにし、同人で全年齢作品を作っている純粋な創作者さんたちが、「自分たちの力で」より大きいフィールドに踏み込んでいくための前例にもなれるように、企画者である喜多智一さんは考えています。

その為に合同会社LIFE0という会社もつくった程、今回のプロジェクトに想いがあります。是非、アナタもこのプロジェクトの挑戦を一緒にしてみませんか?

プロジェクト詳細はコチラ:https://camp-fire.jp/projects/view/5732

公式サイト:http://tom-games.com/life0/7days/

(Last Update:2016年9月23日)