CAMPFIRE MAGAZINE

挑戦者の声なき声を、小さな火を灯しつづけるCAMPFIREのオウンドメディア

お花アイドルhanarichu(ハナリッチュ)の神イベ『ジャケット撮影現場』をレポート <りりりんね&クリエイター陣編>

October 28, 2014

News

続きを読む
お花アイドルhanarichu(ハナリッチュ)の神イベ『ジャケット撮影現場』をレポート <りりりんね&クリエイター陣編>

お花アイドルhanarichu(ハナリッチュ)の神イベ『ジャケット撮影現場』をレポート <hanarichuメンバー編>に続いて、hanarichuと同時進行で撮影された、企画ユニット「りりりんね」のジャケット撮影現場をレポートします。

りりりんねとは?

▲りりりんねのロゴ。白い百合と黒い百合は衣装イメージとしても対比されている。

▲りりりんねのロゴ。白い百合と黒い百合は衣装イメージとしても対比されている。

hanarichu最年少の小玉梨々華(りりぃ)と、ヴィジュアル・歌唱力で注目される吉田凜音(りんね)との企画ユニット「りりりんね」。
ふたりは、札幌のレッスン時代からユニットを組んでいたという交友があります。

撮影:飯田えりか/ロゴデザイン:ウチボリシンペ/衣装製作:ZIGZIG/『卒業カウントダウン』作詞・作曲・編曲:角田崇徳/プロデュース:松田一輝

hanarichu(ハナリッチュ)オフィシャルサイト:http://hanarichu.com

吉田凜音(よしだりんね)オフィシャルサイト:http://www.5project.co.jp/rinne/

百合の花言葉から世界をつくりました。

▲左)吉田凜音(りんね・中2・黒)、右)小玉梨々華(りりぃ・中2・白)。

▲左)吉田凜音(りんね・中2・黒)、右)小玉梨々華(りりぃ・中2・白)。

同じ時代に生まれ、同じ夢を目指して、磨き合う日々を送ったふたり。

photo_mag_lilyrinne3

小学生時代には、北海道札幌でWR(ダブルアール)というユニットを組んでいました。

photo_mag_lilyrinne4

その後、別々の道を歩み、小玉梨々華はiDOL Streetに加入し、吉田凜音は、ソロ活動を通して今年11月にメジャーデビューする。

そんなふたりが、hanarichu園長 松田さんのプロデュースの下で、『りりりんね』として結成されました。
ふたりのインタビューがCAMPFIREの活動報告にもポストされています。

—自分から見てどんな人か

りりぃ)同い年なのに、歌とかそういうの、そういう面ですごい尊敬できる。友達です。

りんね)可愛らしい、ほんとアイドルっていう感じの、りんねとは真逆ですごいキラキラしてる。可愛い。

—また二人での活動のチャンスがあると知った時の気持ち

りりぃ)すごい嬉しかった。小学校の頃に一緒にユニットをやってて、ユニットがすごく楽しくて、練習とかも。

だからまたそういうことができるんだなって思って嬉しかった。

りんね)また再会できるということで、すごく嬉しかったです。こみ上げてきて、もっと頑張って、梨々華に負けないように、頑張りたいと思います。

—お互いへのメッセージ

りりぃ)前みたくまた仲良く一緒に頑張りましょう!

りんね)梨々華には負けないぞ!

りりりんね インタビュー 小玉梨々華×吉田凜音より引用・文字起こし

【新着情報】小玉梨々華&吉田凜音のコラボユニット「りりりんね」向けリターン追加のお知らせ:http://camp-fire.jp/updates/view/6917

純潔

▲同級生そのものの雰囲気。

▲同級生そのものの雰囲気。

りりりんね)イメージ解禁! 女学生の世界観を任されたので存分に撮影しました!

清楚なだけじゃない、可愛いだけじゃない2人の雰囲気がとじこめられてれば幸いです。

飯田えりかさんのTwitterより

同級生が机と椅子に向かい合っているだけの自然な光景から生み出される世界感は、完成した姿をとても楽しみにさせてくれます。

▲プロデューサー自らも最前線で”画”を見ています。

▲プロデューサー自らも最前線で”画”を見ています。

りりりんね)自分のイメージした世界がカタチになった。 廊下で追いかけ会う二人 髪がゆれて、スカートがゆれる。

衣装のこだわりは、スカートにあり。 清楚の中に加えたスパイスに注目! 公開を楽しみにしてて下さい(園長)

hanarichu園長 松田さんのTwitterより

りりりんねの衣装は、ジャンパースカートタイプ。

しかし、カラフルなイメージのhanarichuとは真逆に、白と黒という対極的なコントラストを全面に押し出した作り。

園長曰くスカートにこだわりがあるそうです。よく見ると、透けています。ここに何か込められた意味があるようですね。

hanarichuクリエイター陣にお話を聞いてみました!

photo_mag_hanarichu_staff2

—今回のジャケット、クリエイター陣は、どのように作られていますか?

デザイナー ウチボリシンペさん)カメラマンの人もそれぞれが曲、服に合わせて撮影してます。

アートディレクションを1人置くのではなく、多くのスタッフ・クリエイターが一丸となって作っています。

—今回、初めてクラウドファンディングをやってみて、いかがですか?

吉田凜音さん所属事務所社長 外園さん)hanarichuがクラウドファンディングを利用していることは元から知っていて、おもしろいなと思っていました。

話を聞いた時は、りりぃちゃんとユニットをやっていた過去もあったので前向きに参加しました。

支援がどんどん集まっていく様子をいちファンのように楽しんでいました。

最後に、プロジェクトオーナーでもあるhanarichu園長 松田さんにお話を聞きました!

▲hanarichu園長 松田さん(通称:園長)。この日は、園長自ら活動的に現場の世界感を作っていました。

▲hanarichu園長 松田さん(通称:園長)。この日は、園長自ら活動的に現場の世界感を作っていました。

—パトロンの方がジャケット撮影現場に参加するという新しいファンサービスについて、どうお考えですか?

園長)そもそも「みんなでつくる」をテーマにスタートしているので、CAMPFIREでご支援いただいているパトロン様が、作る過程にいてくれたらいろんな意見も聞けるし、いいなぁというのがありました。

某アイドルが「会えるアイドル」というテーマがあったので、「プロデュースできるアイドル」というのもありかなぁと。

わかりやすく言うと、もっと近い距離で意見をもらいたいし、メンバーへの刺激にもなるし、PP(注:パトロンプロデューサー)というきっかけから本当のアイドルプロデューサーが誕生したら面白いのに!と思ったりもしています。

撮影現場の帰りにパトロン様から「この先、一生こんな神イベはない!」と言われて嬉しかったです。

今回のリターンのひとつとして参加した方の記念写メがあるのですが、場所が教室なだけに、急遽シュチュエーション写メをしました。

メンバーとパトロン様が、生徒と先生という関係で黒板を使って教えているワンシーンとか。

—現場で気を付けていることや大切にしていること、心がけていることは、何かありますか?

園長)一番現場で大切にしているのは、温度感です。

メンバー、スタッフともに楽しんでやろうって。お客様も同じ時間・空間を共有してるんだから、一緒に盛り上がればいいじゃんって。

今回のこの現場、PPリターンもiDOL Street様がOKを出していただかなければ何もできないので、感謝しています。

—hanarichuとりりりんね、異なる世界感を同時に描く中で、どのようなイメージをされたのですか?

園長)りりりんねの話をしますと、百合の花言葉から世界を作りました。

白いユリは、「純潔」、色の付いたユリは、「虚栄心」という意味があります。

それを黒と白という相対的なイメージにして、黒と白の間にあるこの時期だからこそ感じる様々な色の感情、時に”照れ”や”寂しさ”も花びらで隠すような、そんな繊細な世界を描きたかったです。

曲はストーリー重視にして、愛しさと切なさと心強さを含んだものになっています(笑)

—今後のhanarichuの展開やアイデアはありましたら、こっそりと教えてください(笑)

園長)僕だけの意見では通らない部分もあるかと思いますが、今考えていることは、変わらずお花業界を盛り上げたいという想いは強いです。「全世界お花畑化計画」を推進したいので、お花に触れる機会も増やしたいです。

「推し花」という仕組みがYahoo!トピックスに取り上げていただけたのですが、今後、お子様とお花を持って踊れる曲などもやりたいなぁと。

あと、今後の仕掛けで考えているキーワードだけお伝えしますと、「匂い」「特典会エンターテイメント」などです。

時代が変わってきたので、どんどん新しいことにチャレンジしていきたいです。

Tシャツやパーカー、帽子なども、僕自身がほしいので、少しづつカタチにして行けたらと思ってます。

2015年8月7日に1000人のクロロプラスト(お客さん)LIVEを目標にしていますが、最近、870人がいいなぁとも思ってます。どうせなら「87(はな)」に関連付けたいと思いまして(笑)

楽しみにしていてください!

hanarichu園長 松田さん(通称:園長)。

メンバーもクリエイター陣もパトロンの方たちも親しみを込めて「園長」と呼んでいたのが、とても印象的で、hanarichuの活動にアツい気持ちを感じました。

3rdシングルの完成が楽しみですね!

3rdシングルは、11月に完成し、パトロンの方たちのお手元に届く予定となっているそうです。

<りりねんね&クリエイター陣編>は以上です。
前編の<hanarichuメンバー編>では、hanarichuのジャケット撮影風景をお届けしていますので、合わせてお読みください。

体験という価値観

お花アイドルhanarichu(ハナリッチュ)の神イベ『ジャケット撮影現場』をレポートを通して、リターンの様子などは伝わりましたでしょうか。

今回は残念ながらレコーディング現場のレポートはありませんが、「レコーディングもスムーズに進み、少し会わない間で、成長しているメンバーに感動しました。

新曲『カラフルハイタッチ』と『卒業カウントダウン』をご期待ください!」と園長さんより伝言をいただきました。

パトロンになったアイドルユニットが作られていき、そのストーリーを間近で見られる体験。

そんなこともクラウドファンディングCAMPFIREの楽しみ方のひとつになるのかもしれません。

物質的な価値観だけではなく、体験や経験を共有するという価値観が時代を作る様子を垣間見ることができました。

One more thing…

・hanarichu(ハナリッチュ)

hanarichu(ハナリッチュ)がイメージガールを務める、世界52ヵ国で大ヒットを記録した映画「メアリーと秘密の王国」が10月18日よりイオンシネマにて全国公開!

映画『メアリーと秘密の王国』のイメージガールhanarichuがPR:https://www.youtube.com/watch?v=0XytOWwM6lM

・吉田凜音

「恋のサンクチュアリ!」というタイトルで11月5日にメジャーデビューが決定!

吉田凜音「恋のサンクチュアリ!」:http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A024882/VICL-36969.html