CAMPFIRE MAGAZINE

挑戦者の声なき声を、小さな火を灯しつづけるCAMPFIREのオウンドメディア

音を浴びる “初めて” の体験。「クラヤミレコード」参加レポート

2017年3月2日

News

続きを読む
音を浴びる “初めて” の体験。「クラヤミレコード」参加レポート

視覚を閉ざしたクラヤミの中、一音逃さず浴びつくす。

クラヤミの中で、音のひとつひとつに意識を集中させ、全身で音楽を聴くイベント「クラヤミレコード」
あなたはもう体験しましたか?

kurayami_1

CAMPFIRE限定でチケットを販売した、「第1回クラヤミレコード“デビュー”」に、CAMPFIREスタッフ・megが参加しました。
観客全員がアイマスクを着けて参加するイベントとは、一体……!?

kurayami_2

独自の音楽体験イベント「クラヤミレコード」の様子をお届け致します。

※こちらの記事内で使用している画像は、すべて明るく加工しております。実際は、音楽に集中しやすいほの暗い空間です。

音楽体験イベント「クラヤミレコード」

イベント名:第1回クラヤミレコード“デビュー”
参加日時:2017年2月23日(木)
会場:ACOUSTIC LIVE HALL THEGLEE (〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3-4 AYビル B1)

セットリスト:順調な船出から、享楽の船上パーティ、人喰いクジラのいる海をこえての月光浴、そして伝説の島へとたどりつく物語

1. Tiësto 「Let’s Go feat. Icona Pop」  
2. The Buggles 「Video Killed The Radio Star」
3. Carly Rae Jepsen 「I Really Like You」 
4. Nicki Minaj 「Starships」 
5. M.I.A.「MATANGI」 
6. Kanye West「On Sight」 
7. John Coltrane「Ascension (Edition Ⅱ)」
8. Björk「Pluto」 
9. Bill Evans「Peace Piece」
10. Al Green 「Take Your Time feat. Corinne Bailey Rae」
11. Queen「Under Pressure」
12. La La Land Cast「Another Day Of Sun」 
13. Louis Armstrong「What A Wonderful World」 

初めての「クラヤミレコード」体験レポート

参加メンバー:CAMPFIREスタッフ・meg

「五感で音を楽しむ」って、一体どんなイベントなんだろう?
ほんの少しの怖さと、大きな期待を胸に、神楽坂を上りました。

「会場そのものがまるで楽器」と言われる、卓越した音響空間を持つライブホール「ACOUSTIC LIVE HALL THEGLEE」。
壁際に薄くオレンジ色の明かりがついた “クラヤミ” のホール内は、入り口を背に椅子が並んでいます。

正面のステージには、風にゆらめく蝋燭が一本。
“クラヤミ” への期待が高まる仕掛けです。

シャンパンを手に、座席へ。
注意事項のアナウンスで、さっそく音響の素晴らしさを感じます。
すぐそばでささやかれているように感じる音。

椅子から立ち上がり、アイマスクを装着。
明かり一つ入らないように設計されたアイマスクは、完全な “クラヤミ” を作り出します。

kurayami_4

ナレーションの「さぁ航海の始まりです」とともに、音楽がスタート。

視覚を遮断したことで、聴覚が敏感になり、想像力がかき立てられます。

最初は航海に出たばかりの期待の波。
続いて、クラブのようなアップテンポの曲が続き、怪物クジラとの出会い、凪の海、長い航海の末にやっとたどり着く目的地。

kurayami_5

立ったまま聴き、たまに座って小休止。
音楽に合わせて踊り、ドリンクを飲む。

すべてクラヤミの中なので、人の目を気にせず、流れる音楽の世界に没頭することができます。
頭の中に映像が見える、そんな錯覚を起こすほどにどっぷりと音楽の波に飲まれ、終始ドキドキが止まりません。

kurayami_6

人生で感じる感情を凝縮したような、一つの壮大な物語を体験した40分でした。

kurayami_3

「クラヤミレコード」プロジェクト詳細

「クラヤミレコード」は第2回開催に向け、CAMPFIREでプロジェクトを実施中です。

プロジェクト名:【闇で音を浴びつくす】新・音楽イベント“クラヤミレコード”第2回開催決定!
募集期間:2017年2月23日(木)〜5月13日(土) 23:59まで

kurayami_7

独自の音楽体験イベント「クラヤミレコード」を、あなたもぜひ。

(Last Update:2017年3月3日)