CAMPFIRE MAGAZINE

挑戦者の声なき声を、小さな火を灯しつづけるCAMPFIREのオウンドメディア

日本の繊維産業とファッションの今を伝える書籍「FASHION ∞ TEXTILE」先行受注販売プロジェクト開始

2017年4月4日

News

続きを読む
日本の繊維産業とファッションの今を伝える書籍「FASHION ∞ TEXTILE」先行受注販売プロジェクト開始

CAMPFIREは、ファッションに特化したクラウドファンディングサービス「CLOSS」の新プロジェクトとして、セコリ荘による2冊目の書籍『FASHION ∞ TEXTILE』先行受注販売を開始しました。

secori_3

セコリ荘は、2013年、代表・宮浦晋哉氏を中心とする「Secori Gallery」運営チームが、日本各地の繊維系の工場や工房とファッションデザイナー、一般消費者の交流の場を目的として、月島にある築90年の古民家を改装して作ったコミュニティスペース。
宮浦氏は、これまでも「日本のものづくり」をテーマに、日本の若手ファッションデザイナーと生地産地に焦点を当てて両者の関係を再考するために、自費出版で「Secori Book vol.1」を刊行し、今回の『FASHION ∞ TEXTILE』は、それに続く、2冊目の刊行となります。

secori_1

リターンには、通常の販売予定価格よりお得な値段で『FASHION ∞ TEXTILE』を購入できる権利や、工場見学同行権などをご用意しました。

プロジェクト概要

プロジェクト名:セコリ荘による2冊目の書籍『FASHION ∞ TEXTILE』先行販売開始
期間:2017年4月4日(火) 〜4月30日(日)23:59

secori_5

書籍『FASHION ∞ TEXTILE(ファッション・テキスタイル)』について

secori_6

発売日:2017年6月下旬発売予定
判型:B5判・160ページ
定価:2,300円(税別)
目次:
 PART 1 これからの日本のファッション産業
 PART 2 北陸の服飾産地をめぐる旅
 (2017年4月4日現在の情報です。変更の可能性がございます)

Secori Galleryについて

secori_7

年間約200箇所の国内の繊維産地の訪問取材を行いながら、東京と各産地を行き来することで工場、工房が生み出す素材や製品の魅力を、ウェブ・紙媒体・コミュニティスペース「セコリ荘」を通して、商品を選ぶ側の方々にも伝え、また、産地ツアーや交流会を開催し、職人と直接会話ができる場をつくっています。
「作り手と使い手」「ウェブとリアル」「素材と商品」それぞれを往来することで、国内のものづくりの発展と創出を目指しています。

secori_4

CLOSSについて

CLOSSとは日本最大級のクラウドファンディングプラットフォームを提供するCAMPFIREが運営する、「ファッションに関わる人の新しいチャレンジを応援する場所」をコンセプトにしたファッション特化型のクラウドファンディングプラットフォーム。
顧問として雑誌『Numéro TOKYO』エディトリアルディレクターである軍地彩弓氏、ファッションとテクノロジーを繋ぐファッション・コンサルタント市川渚氏が参画している。

2016年10月のローンチ以来、ANREALAGE、FACTOTUM、KEISUKE YOSHIDAなどのファッションブランドや、ファッション雑誌がプロジェクトを実施。

□CLOSS:https://camp-fire.jp/closs

CAMPFIREについて

充実のサポート体制で誰でも安心してプロジェクトを始めることができる、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」(キャンプファイヤー)を2011年より運営。
プロジェクト掲載数・PV数で国内No.1を誇り、大手企業や著名なアーティストはもちろんのこと、個人の方や学生にもご利用いただいております。
これまでに5,500件以上のプロジェクトを掲載し、プロジェクトに対する総支援者数は約20万人、流通金額は20億円に達しました。

お金と社会をもっとなめらかにし、誰しもが声をあげられる世の中、そして誰しもに「居場所と出番」がある世界を目指します。

□CAMPFIRE:https://camp-fire.jp

secori_2

※掲載情報は、すべて2017年4月時点のものです