CAMPFIRE MAGAZINE

挑戦者の声なき声を、小さな火を灯しつづけるCAMPFIREのオウンドメディア

「自分で体験し広めたい」 #polca に挑戦するCAMPFIREキュレーター・まーが

September 8, 2017

News

続きを読む
「自分で体験し広めたい」 #polca に挑戦するCAMPFIREキュレーター・まーが

CAMPFIREには、クラウドファンディングに2回挑戦しているスタッフがいます。彼女の名前は “まーが”。
「Sanae margaret」名義でDJやカメラマンとしても活動する、CAMPFIREのキュレーターです。

CAMPFIREの新サービス・フレンドファンディングアプリ「polca」も開始する彼女に、自社サービスを活用し挑戦し続ける理由を聞きました。

クラウドファンディングに2回挑戦して学んだこと

まーがの初めてのクラウドファンディングは、2016年6月に実施した「iPhone6の修理代金を集めたい」というプロジェクト。

洗濯物と一緒に誤ってiPhoneを洗ってしまったけれど、東京に引っ越してきたばかりで貯蓄がない。支援してくれた人には、「兄が作ったお米」「私があなたの写真を撮ります」などを返礼品として設定し、目標金額の37,000円を上回る58,000円を集めました。

▲集まった資金で実際に購入したiPhone6

当時は、「こんな使い方をクラウドファンディングでしていいの?」という声もありましたが、「こういう挑戦もアリなんだ!?と思わせてくれて、クラウドファンディングの敷居が下がりました」「クラウドファンディングの新しい活用方法ですね」などの感想が届き、ガジェット通信でも「こんなのってアリ!? 女子カメラマン・DJがiPhone6の修理代をクラウドファンディングで集めることに成功」との記事が掲載されました。

▲CAMPFIREキュレーター:まーが

2回目は、「【May I take a photo of you?】NYに行って写真を撮る!」というプロジェクト。

小学〜中学生の間、見た目のことでいじめられ容姿にコンプレックスを持っていたまーがが、友人が撮ってくれた写真を見て「自分にもこんなに綺麗な瞬間があるのか。もしかしたら自分では気付いていない、美しい瞬間があるのかも」と思い、その人らしいその人がまだ気づいていない美しい瞬間をチェキに納めるべくニューヨークに飛ぶ資金を募りました。

こちらは目標金額には達しなかったものの、実際にニューヨークに飛び、まーがは写真の撮影を行いました。
(まーががニューヨークで撮影した写真は、後ほどご紹介します)

CAMPFIREキュレーター・まーがインタビュー

ースタッフとしてプロジェクトを支えるだけでなく、ご自身もクラウドファンディングに挑戦する理由は何ですか?
まーが:
スタッフがサービスの利用者だと、CAMPFIREでプロジェクトを実施する方も安心できると思うし、実際に体験してみての感想をお伝えできることが大きいです。

インターネットが発達したことにより、実際に足を運ばなくとも美術館の作品を見ることができ、YouTubeでライブ動画が見れる時代になりましたが、私は何事もやはり自分の目で見て耳で聴いた方がいいと考えています。

ークラウドファンディングの挑戦に続き、新たにpolcaを開始されるんですね。どのようなプロジェクトを始めるか教えてください。
まーが:
polcaで自分史のZINEを販売します!
日々の生活の中で様々な出来事があり、つい見落としてしまいがちな小さな変化も記録していきたいと思い、私は毎日チェキで自分の写真を撮っています。ただ、撮ったままになっていたため、これを形にして残したいと考えました。

日々感じていることや、答えを見付けられずにいる悩みなどを1冊にまとめ、10年後に今を思い出せる一冊があったらいいなと思っています。自己満足です(笑)。

大勢の人が生きている中で、1人くらいこんなに自分をさらけ出しちゃう人がいても面白いかなって。

まーが:是非ZINE買って・見て・ 面白がってください(笑)。
ちなみにzineは今後毎月1冊ずつ作っていく予定です。

polcaは本当に簡単にプロジェクトが作れるので、私みたいに「これを販売してみたい」「こんなものが欲しい」という人にピッタリの素晴らしいサービスだと思います。ぜひ皆さんも使ってみてください!

ニューヨークで撮影した写真 photo by まーが

まーがが2回目のクラウドファンディングで目標として掲げていたニューヨークでの活動を終えて帰国しました。現地で撮影した写真の一部をご紹介します。

CAMPFIREキュレーター・まーがの目指すこと

ー最後に、まーがさんのCAMPFIREキュレーターとして目指していることを聞かせてください。
まーが:
私は自分の目で見て耳で聞いたもの以外はあまり信じないようにしています。自分の五感をフル活用し実際に体験してみて、その体験を言語化してこれから挑戦する人に伝えていきたいと思います。

プロジェクトオーナーさんに寄り添い、すぐそばにいるキュレーターでありたいです。

▼まーがが挑戦中のプロジェクト
自分史ZINE(vol.1)を作ったので、たくさんの人に見て欲しいです! – polca(ポルカ)

▼まーがのTwitter
さなえまーがりん(@sanaemargaretJP)

▼まーがのinstagram
🌸Sanae margaret 🌸 (@sanae_margaret)