CAMPFIRE MAGAZINE

挑戦者の声なき声を、小さな火を灯しつづけるCAMPFIREのオウンドメディア

「副業してる?」CAMPFIREスタッフ4人に聞いてみた!

September 21, 2017

News

続きを読む
「副業してる?」CAMPFIREスタッフ4人に聞いてみた!

CAMPFIREは、働き方を個々のライフスタイルに合わせて選ぶことができます。
副業OK、時短勤務OK、リモートワークOKなど。

でも、制度があっても実際に活用されているの?

副業をしているという、Webエンジニア:ちょろ、キュレーター:かな、ディレクター:ちょく、広報:たけべの4人にインタビュー。本業との両立のコツや、上司に言えずこっそり副業しているんじゃないの?といった本音の部分を聞いてみました。

CAMPFIREでの副業のリアルな声、聞かせてください!

Webエンジニア:ちょろの副業

▲CAMPFIREエンジニア:ちょろ

ーちょろさんはCAMPFIREではどんな仕事をしていますか?
ちょろ:
私はエンジニアで、フロントエンドの開発をしています。

ー副業はどんなことをされていますか?
ちょろ:
同じく、開発部分を請け負っています。過去の実績としては、nonoi..のコーディングなどです。

ー副業を始めたきっかけは何でしょうか?
ちょろ:
お財布にもう少し余裕を持たせたいと思ったからです。

ー副業と本業の二足のわらじを履いてみていかがですか?
ちょろ:
本業でプロダクトの企画や設計に時間を割いている期間、コーディングのスキルがなまってしまっているのを感じて焦っていたのですが、副業をすることでそこを解消出来たのがよかったです。

あとは、単純に、「そろそろコード書きたいー」と思うことがあるんですが、そのフラストレーションも解消できました。様々なコンテンツに関わることで良い刺激もいただいています。

キュレーター:かなの副業

▲CAMPFIREキュレーター:かな

ーかなさんはCAMPFIREではどんな仕事をしていますか?
かな:
地方創生プロジェクトや食に関するプロジェクトの企画、サポートをしています。ほぼ「旅芸人」と言えるほど日本中を飛び回っていて、TABI LABOさんで地方の魅力発信する連載も書いています。

ー副業はどんなことをされていますか?
かな:
「旅するおむすび屋さん “むすんでひらいて”」という名前でおむすび屋さんをしていて、東京や地方での出店や、各地でおむすびワークショップ開催しています。

ーおむすび屋さんを始めたきっかけは何でしょうか?
かな:
「食を大切にするきっかけづくりをしたい」と思っていたときに、お米屋さんのさくらちゃんと出会い意気投合したからです。
誰もが親しみのあるおむすびを通して、食の裏側と繋がったり、新しい地域と繋がったりするきっかけを提供し、日々の食卓が少しでも豊かになればと思い、活動を始めました。活動資金はCAMPFIREで集めました

ーどんな目的で副業をしていますか?
かな:
CAMPFIREで働く中で、地域の魅力やそこで挑戦する方々と出会う機会が多くあり、「食と地域の魅力を重ねた活動ができないか」と考えSNSに投稿したところ、CAMPFIREのスタッフや出張先で出会った方が応援してくださいました。
「食×地域」の魅力をより多くの方に伝えていきたいと思います。

ー副業と本業の二足のわらじを履いてみていかがですか?
かな:
土日はほとんどおむすびに時間を捧げているため、休みは無いようなものなのですが、大好きなおむすびを通してたくさんの方が笑顔になってくださるので、その笑顔に癒されています。

あとは、私自身がクラウドファンディングに挑戦したこともあり、直接プロジェクトの相談を受けることが増えましたし、CAMPFIRE兼おむすび屋さんということで取材を受けたり、セミナー依頼もいただいています。

ディレクター:ちょくの副業

▲CAMPFIREディレクター:ちょく

ーちょくさんはCAMPFIREではどんな仕事をしていますか?
ちょく:
プロジェクト立案のサポートやメディア「BAMP」の運営・記事作成、あとは鉄砲玉ですね。

ー鉄砲玉……? さて、副業はどんなことをされていますか?
ちょく:
ライターをしています。これまでに書いた記事の一例としては、「有名ブランド名、読めても書けない? 検証してみた」「ボージョレ・ヌーヴォーって毎年絶賛されてるけど、ランキング化したらどうなるの? ワインバーで聞いてみた」「「これがあったから受験に成功した!」経験者たちの必勝アイテムはこれだ」などです。

ー副業を始めたきっかけは何でしょうか?
ちょく:
こう見えて昔は引きこもりで、ずっとインターネットをしていました。演劇もやってたんですが、今はもう完全にやめてしまったので、「何か表現したい」と思った時にライターという職を選びました。小説とかも書いています。見せないけど。

ーちょくさんは、もう一つ副業をしているそうですね。
ちょく:
現在メンバーの募集中の、リバ邸別館「銭家」の管理人をしています。

ーこちらの副業を始めたきっかけは何ですか?
ちょく:
CAMPFIRE代表の家入に誘われたこと、あとは自分が昔いじめられていて引きこもりだったことから、「みんなの居場所」や「自分自身がずっといたくなるような場所」を作りたいと思っていたことが影響しています。

ーなぜ副業を続けているのでしょうか?
ちょく:
CAMPFIREに入る前からやっていて、やめる理由がなかったこともありますが、CAMPFIREは「新しいことへのチャレンジに寛容」というカルチャーのある会社なので続けていられるのだと思います。

ー副業と本業の二足のわらじを履いてみていかがですか?
ちょく:
CAMPFIREも、ライターも、管理人も、すべて人と人が繋がる仕事のため、様々な縁が広がっていると思います。
もちろん大変な部分もありますが、「この人たちのためにやる」とか「自分がやりたいからやる」と考えているので、苦には思っていません。

余談ですが、何かアクションを起こす際に「社長(家入さん)のためにやる」と思ったことは一度もないです。だから続けていられるのだと思います。

広報:たけべの副業

▲CAMPFIRE広報:たけべ

ーたけべさんはCAMPFIREではどんな仕事をしていますか?
たけべ:
プレスリリースなど会社情報の発信や、社長の登壇対応など、CAMPFIREの魅力をより多くの方に伝える仕事をしています。

ー副業はどんなことをされていますか?
たけべ:
ライターをしています。これまでに書いた記事の一例としては、「会社の空気が変わる!会社の上司や仲間と楽しむ、リアル脱出ゲームのススメ」「お見合いをしたら恋人ができたので、「坊主バー」でお坊さんにノロけ話を語ってみた」などです。

ー副業を始めたきっかけは何でしょうか?
たけべ:
元々メディアのライターをしていたのですが、指名でお仕事をいただくようになり、現在も続けています。文章を書くことが好きなことと、取材で人と出会うことや日頃見ないものを見れることが楽しくて、のめり込みました。

ーたけべさんは、もう一つ副業をしているそうですね。
たけべ:
基本的に金銭をいただいていないため副業とは少し違うのですが、フリー素材サイト「ぱくたそ」のモデルをしています。新作は、「私、恋人ができました。 × フリー写真素材」です。

ーこちらを始めたきっかけは何ですか?
たけべ:
新しいことに挑戦してみたかったからです。
応募書類を見返したら、意気込みのところに「泥まみれになるでも、滝に打たれるでも何でもします。身長コンプレックスですが、178センチなので迫力は出やすいと思います。」と書いていました。恥ずかしいですね(笑)。

ーなぜ続けているのでしょうか?
たけべ:
楽しいからです。あとは、CAMPFIREに入社する際に、家入さん(社長)にご相談したところ「ぜひ続けてください」と言っていただきました。私のフリー素材が使われていると、「載っていたよ!」と上司や同僚が連絡をくれるのは嬉しいですね。

ー副業と本業の二足のわらじを履いてみていかがですか?
たけべ:
副業で出会った方からクラウドファンディングの相談をいただいたり、記事でクラウドファンディングについてご紹介するなど、本業と副業が繋がり、幅が広がっていることを実感します。
社外の方とお会いする機会も多いため、情報交換の機会も増え刺激的で楽しいです。

CAMPFIREは自由な働き方がOK!

4人に聞いてみたところ、それぞれの理由で副業をし、本業と両立させていました。

ちょろさんは、「副業は、気分転換」
かなさんは、「副業は、笑顔と出会うきっかけ」
ちょくさんは、「副業は、縁が広がる」
たけべさんは、「副業は、視野が広がる」
と話していました。

副業を始めとした、自由な働き方が選べるCAMPFIRE。
現在、一緒に働く仲間を募集中です。