CAMPFIRE MAGAZINE

挑戦者の声なき声を、小さな火を灯しつづけるCAMPFIREのオウンドメディア

1ヶ月間路上で歌い歩いたママノリアの集大成。『ママノリア巡遊伶人ツアーファイナル&レコ発ライブ』に行ってきました!

2015年2月2日

News

続きを読む
1ヶ月間路上で歌い歩いたママノリアの集大成。『ママノリア巡遊伶人ツアーファイナル&レコ発ライブ』に行ってきました!

ママノリアは、逆さから読むとアリノママ。

アリノママのウタウタイ、それがママノリア。

ステージの上では、自身が持つ苦しみ、悲しみ、喜び、光、闇。

全てを投影し、時に激しく、時に優しく、観客に投げ掛けるように歌を唄い続ける。

CAMPFIREで支援を募り、行われた『ママノリアツアー 巡遊伶人2014~中部編~』では、路上ライブを中心に、1ヶ月間ほぼ毎日歌い歩いたママノリア。

その集大成であり、これからの活動の出発点でもある「ママノリア巡遊伶人ツアーファイナル&レコ発ライブ」が、2014年12月12日(金)、渋谷のMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで開催されました。

名前の通り、”アリノママ”を歌に乗せて表現してきた。だからこそ、曲ごとに色々な感情が交錯し、人間味を強く感じることができた、このライブをレポートしたいと思います。

ママノリア巡遊伶人ツアーファイナル&レコ発ライブ

会場に到着すると、まだ歩き始めたばかりと思われる子供から、その子のおじいちゃん、おばあちゃんの世代まで。色々な世代の人たちが目に入ってきました。

家族連れで来ている方もいて、その光景を見ただけでも温かい気持ちに。それと同時に、世代をも超えて愛される、アーティスト「ママノリア」の懐の深さを垣間見たような気がします。

ママノリアがステージに登場すると同時に、迎えられた温かい拍手。

その温かさを感じつつ、始まる1曲目「Joy ~それぞれの輝く場所へ~」。歌い始めた瞬間、会場に多幸感が広がっていくことを、ひしひしと肌に感じます。この数秒間を感じることができただけでも、来て本当に良かったと思えるほど。

実は、この会場の温かみが生まれた必然的な理由がありました。今回のライブチケット約400枚は、ママノリアが路上ライブなどで1枚1枚自力で手売りしていたもの。

なので、会場にはママノリアと直接会って会話をした人たちばかり。迎え入れられた拍手にはまるで家族が家に帰ってきたような「おかえり」のような優しさを感じられたのです。

その後、昨年12月に発売した記念すべき1stアルバム「Joy」からの楽曲を中心に、過去に発表された曲も織り交ぜながらライブは進み、陽気な曲から、アコースティックの弾き語りまで、色彩豊かな楽曲の数々を披露。

ママノリアが日々感じてきたのであろう、等身大の思いや日常の風景を描いた詞や、心地いい歌声が観客を魅了していきます。

mamanoria2

そして、会場が更なる盛り上がりを見せたのは、「僕は歌うよ」という楽曲。

この曲は、ママノリアが6年前までユニットで活動をしていた時に作られたもの。

相方は、ピアノ&ボーカルを担当していたヤマケン。別々の道を歩み始めた2人ではありましたが、この日はなんと、サプライズゲストとして、元祖ママノリアの復活共演が実現しました! 

ユニット時代を知っているファンのみなさんにとっては嬉しいサプライズ。

特別に元祖ママノリアによる「僕は歌うよ」の動画を入手しましたので、ぜひご覧ください!

MCでは、ママノリアが「ピアノを弾くヤマケンに出会った時、音楽の神様を見つけたと思った!」と興奮気味に語ると、「当時より、お客さんが増えてびっくりした!」「自分がやっていた頃よりも良くなって、楽屋で1曲づつ噛み締めて聞いていたよ。」と、ヤマケンが嬉しそうに返す、といった微笑ましいふたり。

解散後もこうして、お互いの良いところを褒め合える関係に温かい気持ちが込み上げてきました。

ファンのみなさんへのサプライズもあり、いよいよ最後の曲。1曲目の「Joy ~それぞれの輝く場所へ~」と繋がるもう一つの曲、「Joy ~喜びの雨にキスをして~」で締めくくりました。

「JOY」で始まり「JOY」で終わる。これは「人生苦しみや悲しみを感じることはあるけど、その始まりと終わりには必ず喜びがあるんだよ。」という、ママノリアからのメッセージ。

mamanoria3

アンコールでは「ひとつ」をママノリアとファンが一緒に歌い、会場全員がひとつに。
最後は「これからもずーっと歌っていくから、これからもよろしくお願いいたします!」という言葉で終演を迎えました。

mamanoria4

公演終了後の会場前には、ファンに囲まれるママノリアの姿が。ファンを心から大切にし、そして、みんなから愛されているアーティストの真の姿だと感じました。

NEWアルバム「JOY」のティザー動画も、魅力が存分に詰まった、かっこいい仕上がりとなっているので要チェックです!

【MAMANORIA 〜ママノリア〜 Profile】

本名:滝沢 毅 -Takeshi Takazawa-

  • 2007年10月 軽井沢ラブソングアウォード準グランプリ受賞「ハムエッグ」
  • 2007年12月 1st MAXI SINGLE 『不協和音』リリース
  • 2008年11月 2nd MAXI SINGLE 『僕は歌うよ』全国リリース
  • 2010年2月 軽井沢ラブソングアウォード準グランプリ受賞「これから」
  • 2011年9月 滝沢毅ソロミニアルバム『Harmonize 』リリース
  • 2012年7月「カラオケの鉄人」全店にて「僕は歌うよ」配信開始
  • 2013年2月 軽井沢ラブソングアウォードグランプリ受賞「星の声」
  • 2013年4月 ママノリア・ワンマンライブ DVD 『~愛すべき人よ~』リリース
  • 2014年12月 1st Album 「Joy」全国リリース