CAMPFIRE MAGAZINE

挑戦者の声なき声を、小さな火を灯しつづけるCAMPFIREのオウンドメディア

支援総額2,000万円以上!3回ものプロジェクトを大成功させたその背景。ロモジャパン動画インタビュー<前編>

March 31, 2015

News

続きを読む
支援総額2,000万円以上!3回ものプロジェクトを大成功させたその背景。ロモジャパン動画インタビュー<前編>

今まで3回ものプロジェクトを立ち上げ、その合計支援額が2,000万円以上を達成している株式会社ロモジャパン。

特にPetzvalレンズのプロジェクトに関しては、CAMPFIRE史上、最高支援総額の10,611,600円を達成している。

lomo_long1_1

今回は、株式会社ロモジャパンより星氏と澤中氏に、動画インタビューを行った。

クラウドファンディングという手段を選んだ理由やそれぞれのプロジェクトの背景では何が起きていたのか。

熱い想いが込められた動画は、前編と後編の2回に分けてお伝えする。

前編では、ロモジャパンやロモグラフィーについて、そして35mmフィルムをスキャンできる『Smartphone Film Scanner』と渦のようなボケが印象的な歴史的なレンズ『Petzvalレンズ』についてをお送りする。

世界中で愛されるロモグラフィーは、インターネット上にコミュニティースペースを作ったという歴史があった。

まだインターネットがあまり普及していなかった時代に、オンライン上でのコミュニティースペース「ロモホーム」を作ったんですよ。

色んな方が自分の写真をどんどん投稿できるプラットフォームを作って、そこで世界中の方々が交流できるような場を作ったというのがひとつ大きなポイントかなと思いますね。

ちなみにこの「ロモホーム」は、今もなお世界中のロモグラフィーユーザーと交流できるプラットフォームとして更新されている。

プロダクトへのまっすぐな想いや細部へのこだわり、ユーザーの訴求の仕方や支援後の活動報告など、そこにはロモグラフィーが持つ思想が大きく根付いていることが分かった。

後編では、多重露光などができるクリエイティブなインスタントカメラ『Lomo’Instant』について伺うので、そちらもぜひチェックしてみて欲しい。

スマートフォンで35mmフィルムをスキャンする新ガジェット」(Smartphone Film Scanner)
歴史的な19世紀のレンズを現代のアナログ&デジタルカメラ用レンズとして蘇らせる」(Petzvalレンズ)
撮ってすぐ写真になる!世界で最もクリエイティブなインスタントカメラ!」(Lomo’Instant)

【関連記事】

[SUCCESSストーリー] 支援総額2,000万円以上!3回ものプロジェクトを大成功させたその背景。ロモジャパン動画インタビュー<後編>