CAMPFIRE MAGAZINE

挑戦者の声なき声を、小さな火を灯しつづけるCAMPFIREのオウンドメディア

憧れのランウェイに夢をのせた、バンタン卒業修了制作展「VANTAN STUDENT FINAL 2015」に行ってきました!

March 18, 2015

News

続きを読む
憧れのランウェイに夢をのせた、バンタン卒業修了制作展「VANTAN STUDENT FINAL 2015」に行ってきました!

2015年2月21日(土)渋谷区恵比寿にあるEBiS303にて、バンタンデザイン研究所の卒業修了制作展が開催された。

今回はmastermind JAPANの衣装協力のもと行うショーに、プロのモデルを起用するための資金をCAMPFIREで募集したプロジェクトを行った。そのリターンとして、ランウェイを最前列で観覧してきた模様をお伝えする。

約2,800名もの観客が来場したバンタン卒業修了制作展「VANTAN STUDENT FINAL 2015」。今回のスタイリングショーは“Von voyage!~よい旅を~”をテーマに、SUBARU のショールーム「SUBARU STAR SQUARE」でラストを飾った。

vantan1

vantan2

vantan3

▲今回支援したのはこちらのリターン

立ち見席まで満席となったショーは、SUBARUの2台の展示車のヘッドライトに照らされて幕を開けた。

vantan4

今回CAMPFIREの支援で起用したプロのモデルが、ヘッドライトに照らされてランウェイを歩く。すべてのコレクションに、お馴染みのmastermind JAPANのスカルロゴが施されており、ワイルドで迫力のある力強い印象を与えた。

vantan5

vantan6

vantan7

vantan8

バンタンデザイン研究所で学んできた学生たちの集大成である卒業修了制作展は、「終わり」というイメージではなく、「始まり」がテーマに掲げられている。

卒業という旅立ちと、これからファッション業界に羽ばたいていく第一歩、既存の概念から抜け出し挑戦する心の現れが表現されたショーとなっていた。

ショーの最後には関係者から学生達に向けて花束が送られた。

vantan9

ショーを観に来たというアパレル関係者の観客の女性は「mastermind JAPANさんのハイブランドのイメージと、若者の学生らしく新しい視点が融合した衣装ばかりで、初心に戻ることを思い出させてくれました。」と、過去の自分を重ね合わせるかのようにコメント。

プロジェクトの起案者である、伊藤すみれさんに今回のショーでこだわった点を聞いたところ、「作る側も見る側も本気で楽しめるランウェイにすることをテーマとし、mastermind JAPANの衣装に見合ったクオリティーの会場、演出構成、モデル、映像、音響にこだわりました。」とのこと。

伊藤すみれさんは、「大人になったときに着たい」と思うような憧れのブランドとのコラボレーションをしたいと考え、mastermind JAPANに向けた企画書を作成したという。

熱い想いを綴った企画書が、mastermind JAPANデザイナーの共感を呼び、衣装協力の運びに至った。

vantan10

二十歳前後の学生たちが卒業制作という集大成を成功させるために、自ら衣装協力の依頼から、クラウドファンディングでの支援募集までも成し遂げたというから驚きである。

彼らのファッション業界での活動に、今後も目が離せない。