CAMPFIRE MAGAZINE

挑戦者の声なき声を、小さな火を灯しつづけるCAMPFIREのオウンドメディア

細胞アーティストOuma、2年ぶりの個展「五度目の大絶滅の後」を開催

March 24, 2015

News

続きを読む
細胞アーティストOuma、2年ぶりの個展「五度目の大絶滅の後」を開催

細胞アーティストのOumaさんによる個展「五度目の大絶滅の後」が、4月8日(水)から18日(土)まで六本木一丁目駅近くのウナックトウキョウにて開催されます。

oumasan

▲Ouma

Oumaさんにとって約2年ぶりの個展となる「五度目の大絶滅の後」は、自然と人の関係についての問いかけがテーマになっています。

四方の壁にそれぞれ異なるテイストの絵を配置し、生物の多様性を表現。鑑賞者が作品の好きな部分をカットし、市場のように重さごとに作品を量り売りする「量り売り作品」も展示されるそう。

他にも、鑑賞者が体験できるインスタレーション作品の企画もあるそうなので、ぜひ足を運んでみてください。

地球はその歴史の中で、すでに五回の大きな絶滅が起こっている。絶滅してもそれで終わりではなく、必ず新しい生物が生まれ地球を満たす。

地球の歴史は、そのように連綿と続いている。自然とはなにか、共生とはなにか、ぜひ作品を通じて自らに問いかけて欲しい。
Ouma

Oumaさんの作品を間近で見るチャンス。どうぞお見逃しなく!

【Ouma「五度目の大絶滅の後」】

開催日:2015年4月8日(水)〜4月18日(土)
時間:10:00〜18:00
会場:ウナックトウキョウ
住所:東京都港区麻布台1-1-20 麻布台ユニハウス112 / 03-3585-7069
作家在廊日:4月8、11、12、18日