CAMPFIRE MAGAZINE

挑戦者の声なき声を、小さな火を灯しつづけるCAMPFIREのオウンドメディア

『アロマガーデン』でお部屋にグリーンを!眺めて良し使って良しのハーブライフ

April 22, 2015

News

続きを読む
『アロマガーデン』でお部屋にグリーンを!眺めて良し使って良しのハーブライフ

4月からあたらしい生活を始めている人も多いシーズンだと思いますが、皆さん、居心地の良いお部屋で毎日を過ごせていますか?

ぐっすり眠れるベッドにお気に入りのソファーとテーブル、必要なものは揃えたけど何か物足りない…雰囲気の良いお部屋に必要なものといえば、そう、グリーンです!

aromagarden1

でも、グリーンと言われてもどこに買いに行けばいいのかわからないし、何よりも世話が大変そう、そして種類も多くてどれを選べばいいのかもわからないですよね…。

そんな方におすすめしたいのが、お部屋でかんたんに育てることができて、お料理につかったりお茶に入れたりと実用性も高い「ハーブ」の初心者向け栽培キット『AROMA GARDEN(アロマガーデン)』です。

全70種類から好きなハーブを育てられる栽培セット「AROMA GARDEN」は、2015年3月に発売されたばかり。

その魅力をファッショナブルに伝える映像を制作するプロジェクトをCAMPFIREに掲載し、100名以上のパトロンの支援を集めてサクセスしました。

グリーンを育てたい!とかねてから思っていた筆者も、さっそく支援してみましたよ。

今回パトロンになったのはこちらのリターン。

aromagarden2

▲なんと70種類のハーブから好みのものを選ぶことができるんです

3月に届いたこちらのリターン、ガイドにしたがってさっそく植え替えをしてみることに!

さんざん迷った結果、お料理に使えそうでちょっとめずらしいものがいいな〜と思ったので、イタリアンパセリをセレクトしました。

aromagarden3

キットの中に入っているのは、イタリアンパセリの苗と鉢受皿、三角プランター、鉢底石、土、ハーブのネームプレートです。

aromagarden4

はじめに、プランターを置く場所を決めて底に鉢受皿を入れておきましょう。こうしておけば土を入れたあとの重いプランターを持ち上げる必要がありません。

aromagarden5

まずは、鉢に鉢底石を全部入れましょう。ざさっとすべて流し込みます。

aromagarden6

この石が水はけを良くするんですね。続いて縁から3〜5cmのところまで土を入れます。こちらもすべて入れてしまってちょうどよい量でした。

aromagarden7

平らにならします。おや、雨が降ってきたぞ…と。

aromagarden8

中心にハーブのポットの大きさ分の穴を掘ります。だいたいこのぐらいの深さ。

aromagarden9

黒いビニールのポットから苗を外して準備します。

aromagarden10

苗はデリケートですよ。優しく外してあげましょう。

aromagarden11

ポットから外した苗をよくもみほぐしてから、先ほどの穴のなかにスポッと入れてあげます。

aromagarden12

周りの土を整えて、あっという間におしゃれな三角プランターに入ったグリーンが完成!

aromagarden13

なんのハーブかわからなくなると困ってしまうので、付属のネームプレートを刺しておきましょう。白い陶器にネイビーの文字がおしゃれ可愛いです。

aromagarden14

スコップなんかを刺すとぐっと雰囲気が出ますよ!

aromagarden15

ハーブの説明はこちらのページで見ることができます。

育てたハーブの使い方はいろいろ。

お料理に…フェンネルやナスタチウムはお料理のアクセントに。

aromagarden16

お酒に…ワインにハーブを一晩漬けこんで香りづけを。白ワインはローズマリー、赤ワインはセージがおすすめ。

aromagarden17

調味料に…ハーブをオリーブオイル(またはビネガー)に漬け込む取り入れ方も。パープルオスミンバジルを入れると、風味豊かなピンク色になります。

aromagarden18

お部屋にグリーンがやってきて、なおかつ美味しく楽しめちゃう。

アロマガーデンはこちらのサイトで購入が可能です。

はちみつ付きのリターンは6月以降に発送予定とのことですので、今しばらくお待ちくださいませ。