CAMPFIRE MAGAZINE

挑戦者の声なき声を、小さな火を灯しつづけるCAMPFIREのオウンドメディア

プロがオススメする、エゾシカ『高級生ハム』の食べ方

September 30, 2014

News

続きを読む
プロがオススメする、エゾシカ『高級生ハム』の食べ方

料理はエゾシカだけ、お店は金曜日”シカ”営業していない、日本初(たぶん)のエゾシカ料理専門カフェ「エゾシカフェ」。

もっと多くの人にシカ肉を食べてもらい、シカ肉は美味しいと思ってもらえる最高級の生ハムを作ってみよう!と始まったのが、【エゾシカの『高級生ハム』を食べてみたい!エゾシカ料理専門カフェのチャレンジ】。

エゾシカの『高級生ハム』を食べてみよう

本来のエゾシカ肉の味わいに加え、熟成香とローズマリーなどのハーブとスモークの香りがバランスよく仕上がったエゾシカの『高級生ハム』。

加工を進めるとエゾシカらしさがなくなることが多いそうですが、今回の生ハムは、エゾシカの味も残しつつ、職人の手間暇も感じられる仕上がりになっています。

エゾシカフェの石崎さんにご協力をお願いし、オススメな生ハムの食べ方をご紹介いただきました。

そのまま食べるのが一番おいしいかもしれませんが、簡単にできる「◯◯に巻く!」とか「◯◯をつけて食べる!」とかも良いのかと思います。

季節のフルーツに巻いて食べると肉のおいしさが引き立ちます。

ワインと一緒だと、ボルドータイプやカベルネソーヴィニヨンが合います。
日本酒は個人的に好きですが、吟醸や大吟醸よりも純米酒、特に熟成古酒が良く合います。

今回は、今が旬のぶどう。

皮ごと食べることができるレッドグローブと一緒にいただきました。

エゾシカ

▲生ハムはやわらかく繊細で、盛り付ける際も注意が必要でした

エゾシカうみさん

▲盛り付けを行ったのは広報の矢崎(右)にお願いしました

エゾシカ3

初めてのエゾシカ肉にドキドキ

一口で食べれるサイズにしました

一口で食べれるサイズにしました

スタッフみんなで試食会です

スタッフみんなで試食会です

エゾシカ生ハムを初めて見た印象は?

  • とっても赤身!
  • 脂身が少なそう!
  • シカって獣臭がしそう…

普段食べている淡い色の生ハムよりも赤みが強いので、驚いていました。

実際に食べてみた感想はどうですか?

  • 食べた瞬間に芳醇な香りが広がる。
  • まったく臭くない。脂も少なめで食べ易い。
  • さらっとした口当たりで、甘くて美味しい。
  • お肉の旨味がたっぷり凝縮されたような贅沢な味!

お肉を食べている感覚なのに、ヘルシーなのは嬉しい!という女性スタッフの声もありました。

実は、エゾシカは栄養価が高く、ヘルシーな低カロリーで、鉄分が牛肉の2倍程もある優秀なお肉なんですよ!

エゾシカ肉を食べてもらいたい、もう1つの理由

実は、北海道ではエゾシカが爆発的に増えています。

野菜を食い荒らし、木の皮をはいでは枯らしてしまっているそうです。

シカの数を調整するため、ただ殺してしまうだけでなく、美味しく食べて北海道の森を守ろう、という気持ちも込められたプロジェクトでした。

シカ肉が嫌いという方でも、さばき方や処理の仕方が上手じゃなかったシカ肉が当たっただけの可能性が高いそうです。

初めての方も、食べたことがある方も、エゾシカフェさんで一度試してみてはいかがでしょうか?

あとで

▲エゾシカフェの石崎さん、ご協力ありがとうございました!ごちそうさまでした!

【アクセス】

日本初!エゾシカ専門店「エゾシカフェ」
〒154-0004
東京都世田谷区太子堂2-35-6-1F
営業時間:毎週金曜日 18:00~22:00