CAMPFIRE MAGAZINE

挑戦者の声なき声を、小さな火を灯しつづけるCAMPFIREのオウンドメディア

88歳のえほんづくり『とんと・くるるとともだちくん』

September 30, 2014

News

続きを読む
88歳のえほんづくり『とんと・くるるとともだちくん』

【88さいのえほんづくり ニジノ絵本屋「インディーズ絵本」出版プロジェクト】がサクセスして、88歳の漫画家みやさかえいいちさんがはじめてのオリジナル絵本を出版しました。

オリジナル絵本の出版は、これまで挿絵などを中心に活躍してきたみやさかさんの長年の夢。80名以上のパトロンの共感をよび、現在、2作品からなるシリーズ絵本が出版・販売されています。

ニジノ絵本屋のミッション

作者のみやさかさんのパートナーとしてこの出版プロジェクトを成功に導いたニジノ絵本屋は、東京にある2坪の小さな絵本屋。店舗は小さくても「絵本の作り手と読み手を繋ぐ架け橋になる」という大きなミッションを掲げています。

▲目黒区都立大学にあるニジノ絵本屋の店舗

▲目黒区都立大学にあるニジノ絵本屋の店舗

『とんと・くるるとともだちくん』のこだわり

このシリーズ絵本『とんと・くるるとともだちくん』はバイリンガル仕様になっていて、英訳を担当されたのは遠藤直(えんどう なお)さん。文法的な部分よりも作品の「世界観」が読者に伝わるような英訳をこころがけたんだとか。

▲英訳つきなので世界中の子どもたちに楽しんでもらえます

▲英訳つきなので世界中の子どもたちに楽しんでもらえます

シリーズ絵本が完成して

ニジノ絵本屋のいしいあやさんは「みやさかえいいちさんにも早速、完成した絵本をお渡しして、ご覧になっていただきましたが長い時間をかけて作ってきたので、大変喜んでいらっしゃいました。今回、絵本が出版できたのも全国のパトロンのみなさまのおかげです。ご支援いただきまして、本当にありがとうございますっ!!」とコメントしていました。

こちらのシリーズ絵本はニジノ絵本屋で購入できます。

『とんと・くるるとともだちくん はっけようい』さく・え みやさかえいいち

『とんと・くるるとともだちくん うたいましょう』さく・え みやさかえいいち