CAMPFIRE MAGAZINE

挑戦者の声なき声を、小さな火を灯しつづけるCAMPFIREのオウンドメディア

宮城県「復興屋台村 気仙沼横丁」を存続させるプロジェクト開始 〜CAMPFIREでは、「東日本大震災」復興支援特設ページを開設〜

2017年3月10日

News

続きを読む

株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役社長:家入一真)は、2011年3月11日に発生した「東日本大震災」で全体の7割の飲食店が津波で流された宮城県気仙沼市で、仮設店舗を集め営業する「復興屋台村 気仙沼横丁」が2017年3月20日に閉村することを受け、ここで生まれた絆を残し復興への一助とすべく「復興屋台村 気仙沼横丁」を存続させるプロジェクトを2017年3月10日より開始致します。

震災発生から6年が経過したものの現地には未だ大きな爪痕が残されており、「地元民の心の拠り所である横丁を残したい」と願う地元の声から「復興屋台村 気仙沼横丁を残す会」が発足。

「復興屋台村 気仙沼横丁」の移転費1,000万円を募り、支援者には気仙沼ホルモンや大判大漁旗にお名前をお入れする権利等が返礼品として贈られます。

CAMPFIREではこれに合わせ、3.11復興支援特設ページ「絆をつなぐ。」を開設。「復興屋台村 気仙沼横丁」プロジェクトを含め、東日本大震災で特に大きな被害を受けた地域から生まれた7つのプロジェクトを掲載し、通常発生する8%の手数料をCAMPFIREが負担することで、復興をサポート致します。

「復興屋台村 気仙沼横丁」について

▶津波で流された飲食店の復興を目指し、気仙沼の飲食店が集結

東日本大震災は東北地方に甚大な被害をもたらし、宮城県気仙沼市では全体で7割、南町はほぼ全ての飲食店が津波で流されました。
気仙沼の飲食店復興のため、「復活 港町気仙沼プロジェクト」が始動し、気仙沼ならではの飲食店の賑わいを取り戻すため、仮設店舗を一つのマーケットプレイスに集めた「復興屋台村 気仙沼横丁」を開店。

屋台村を通じ、津波で流された飲食店への支援と被災地の観光化を目的に営業を続けて参りましたが、震災からの時間の経過を理由に、2017年3月20日に閉村が決定しております。

□「復興屋台村 気仙沼横丁」:http://www.fukko-yatai.com/information/

▶「復興屋台村 気仙沼横丁」を存続させるプロジェクトについて

復興屋台村 気仙沼横丁の焼肉店「七輪屋500.com」の店主であり、「復興屋台村 気仙沼横丁を残す会」代表の熊谷美幸さんが中心となり、『復興屋台村 “気仙沼横丁” を存続させたい。「絆」をつなぐプロジェクト』が始動。
取り壊しが決定しているものの、震災の影響でテナント数が不足していることから他の商店街は入居費が高騰しており、屋台村の7割の店舗は移転先が未決定です。

「復興屋台村 気仙沼横丁を残す会」のメンバーは、「人と人とのリアルなやり取りが生まれる横丁スタイルを残したい」という一心で、プロジェクトを実行致します。

「復興屋台村 気仙沼横丁」を存続させるプロジェクト詳細

プロジェクト名:復興屋台村 “気仙沼横丁” を存続させたい。「絆」をつなぐプロジェクト

URL:https://camp-fire.jp/projects/view/24095
目標金額:1,000,000円
期間:2017年3月9日(木)〜4月30日(日) 23:59まで
リターン(返礼品)一例:
 ・私たちの味、気仙沼ホルモン5名様分 5,000円
 ・1日店長権 (当日の売り上げのうち10%をお渡し) 100,000円

3.11復興支援特設ページ「絆をつなぐ。」について

▶東日本大震災からの復興を目指す、7つのプロジェクトを掲載

CAMPFIREでは、2017年に発生から6年を迎える東日本大震災で特に被害の大きかった地域から生まれた7つのプロジェクトを特集し掲載する、3.11復興支援特設ページ「絆をつなぐ。」を2017年3月10日に開設。手数料8%をCAMPFIREが負担し、東日本から復興を目指すプロジェクト実行者を後押し致します。(※決済手数料のみ、プロジェクト実行者負担)

□3.11復興支援特設ページ「絆をつなぐ。」:https://camp-fire.jp/channels/higashinihon2017

CAMPFIREについて

▶日本最大のクラウドファンディング・プラットフォーム

充実のサポート体制で誰でも安心してプロジェクトを始めることができる、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」(キャンプファイヤー)を2011年より運営。プロジェクト掲載数・PV数で国内No.1を誇り、大手企業や著名なアーティストはもちろんのこと、個人の方や学生にもご利用いただいております。
これまでに5,000件以上のプロジェクトを掲載し、プロジェクトに対する総支援者数は約18万人、流通金額は18億円に達しました。お金と社会をもっとなめらかにし、誰しもが声をあげられる世の中、そして誰しもに「居場所と出番」がある世界を目指します。

□株式会社CAMPFIRE:http://www.campfire.co.jp
□クラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」:https://camp-fire.jp