CAMPFIRE MAGAZINE

挑戦者の声なき声を、小さな火を灯しつづけるCAMPFIREのオウンドメディア

渋谷区に特化したクラウドファンディング・サービス「CAMPFIRE × LOCAL SHIBUYA」が運用開始 〜渋谷区を含んだ三者協定を締結〜

2017年7月13日

News

続きを読む

株式会社フューチャーセッションズ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:野村恭彦、以下:フューチャーセッションズ)と株式会社CAMPFIRE(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:家入一真、以下:CAMPFIRE)は2017年7月13日、渋谷区の社会課題に挑戦する人を応援するため、地域に特化したクラウドファンディング・サービス「CAMPFIRE × LOCAL」(キャンプファイヤーローカル)において「CAMPFIRE × LOCAL SHIBUYA」の運営を開始致しました。
同時に両社と渋谷区(区長:長谷部健)は、渋谷区における地域活性化施策の一環として「CAMPFIRE × LOCAL SHIBUYA」の活用について三者協定を締結致します。

「CAMPFIRE × LOCAL SHIBUYA」協定の概要及び背景

フューチャーセッションズが主催する、企業・NPO・市民が共創して地域の社会的課題を解決していく取り組みを推進するプロジェクト「渋谷をつなげる30人」にて、クラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」を運営しているCAMPFIREが、地方企業・団体と連携し地域を活性化するサービス「CAMPFIRE × LOCAL」として参加し、「CAMPFIRE × LOCAL SHIBUYA」の構想が誕生しました。
「渋谷をつなげる30人」から生まれる多様なプロジェクトを中心に、渋谷区の社会的課題を解決するアイデアを「CAMPFIRE × LOCAL SHIBUYA」で可視化し、実現を後押ししていきます。

渋谷区は協定を通じ、特定非営利活動法人やその他の社会的事業を行う者が地域課題を解決するために実施するクラウドファンディングでの資金調達に対して、広報等必要な支援を行ってまいります。
今回の協定は、フューチャーセッションズの「誰もがイノベーションに参加できる」、CAMPFIREの「優しい革命をおこす」という二社のビジョンが、渋谷区のかかげる「ちがいを ちからに 変える街。渋谷区」という構想を実現に近づける一歩になるとして締結に至りました。

フューチャーセッションズ代表取締役社長野村恭彦は「このサービスを渋谷区で、すべての人がまちづくりの主体者になれるプラットフォームにしていきます。街全体のイノベーションを先導するファシリテーターとして、長谷部区長を支援していきたいです。」と申し、CAMPFIRE代表取締役社長家入一真は「渋谷に住み、渋谷で働く1区民として、そしてCAMPFIREとして、ダイバーシティを目指す長谷部区長の理念に賛同します。渋谷から小さな火を灯していきます。」と申しております。

URL:https://local.camp-fire.jp/areas/tokyo/FSS-Shibuya

第一弾プロジェクトに関して

三者による「CAMPFIRE × LOCAL SHIBUYA」第一弾プロジェクトとして、社会福祉法人渋谷区社会福祉協議会による渋谷区内全域の子どもたちが食事や学習支援を利用できるような居場所を「100か所作る」ことを目的としたプロジェクト、「渋谷発!~地域で子どもを育てよう~渋谷区こどもテーブル100か所開設プロジェクト」を開始いたしました。


プロジェクト名: 渋谷発!〜地域で子どもを育てよう〜渋谷区こどもテーブル100か所開設プロジェクト
URL:https://camp-fire.jp/projects/view/34405
目標金額:1,000,000円
募集期間:2017年7月12日(水)〜9月29日(火) 23:59まで
支援コース:5000円の寄付
・サンクスレター
・渋谷区こどもテーブル支援者証
・オリジナルトートバック
・領収書

(Last Update:2017年7月20日)